HOME > SR(ストイックライダー)流筋トレ理論 > title - あなたの想うキングオブトレーニングは!?~スクワットvsデッドリフト~
2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

あなたの想うキングオブトレーニングは!?~スクワットvsデッドリフト~

kage

2013/06/04 (Tue)



今日は筋トレOFF日にしました。

現在,大胸筋,広背,脊柱起立筋,僧帽,ハムが筋肉痛で,良い感じで疲労してます(^o^)

一応,寝起き暫くしてから,ホームジムに行き,

仕事帰りにもホームジムに行って,バーベルバーと会話した結果OFFということになりました。

心の中で密かにOFFと決めてはいましたが,とにかく今日は睡魔に完敗された感じがありますw


さて,まずは今日の食事メニューですヽ(^。^)ノ


■ 今日の食事メニュー

昼: プロテイン

昼: 鳥飯(ファミマ)+プロテイン

0603rrr.jpg


夜: プロテイン

深夜: 鳥肉+白菜+目玉焼き+プロテイン

0603eee.jpg


深夜: 野菜+プロテイン

寝る前: プロテイン

間食: 微糖缶コーヒー2杯( 書いてませんでしたが最近毎日飲んでます )


以上です。



今日はキングオブトレーニングについて考えて見ました(^^


■ スクワットvsデッドリフト

一般的にキングオブトレーニングは「 バーベルスクワットだ!! 」という意見を見かけることが多い。

バーベルスクワットは足や腰の他に,上半身にも補助筋として効かすことが出来る。

更に言えば,スクワットは疲労の強度が高い種目である。

言わば,全身を使うトレーニング。

故にスクワットはキングオブトレーニングと呼ばれているのだろう。

おまけに肺活量なども強化するのだから,言うことなしである。


しかし,そんなスクワットにも匹敵するトレーニング種目が存在する。

それが,デッドリフトだ。

デッドリフトは背面,ハムストリングスを始め,身体の裏側をメインに全身に効かすことが出来る。

それ故に,最近では「 デッドリフトこそキングオブトレーニングだ!! 」と言われている所も多々見かける。


この2つの種目の共通点は,全身に効き,何よりキツイ所,より重い重量を扱えやすいという所にある。

だが,足をメインでトレーニングするのか?背中をメインでトレーニングするのか?といった意味では,

まるで「 どちらが凄いか? 」というのは根本が違ってくる。(個人主観)

確かにデッドリフトをスティッフレッグド・デッドリフトにフォームを変えれば,

足をメインに,おまけとして背面も鍛えることが出来る。


一方で,スクワットも足幅をナローやワイドにスタンスを変えることにより,

足の刺激を幅広く追求出来る。

それに,バーベルを背負っていることで,胸郭や肺活量の強化にもなる。

そう,この2種目のメリットを追求し,言いだせばキリがない。


しかし,言えることが1つある。

安全に,かつ徹底的に追い込めるのはデッドリフトである。

なぜなら,重りの逃げ場が地面だからと言える。


スクワットなら潰れた時に,フォローしてくれる調整バーや,助っ人がいないとキツイ。

それは,追い込むうえで安全でない可能性が高いことを意味する。


それに比べ,デッドリフトは「 限界 」と感じても,

行きつく先は地面なのだ。

そのことからも,「 デッドこそがキングオブトレーニングだ!! 」とは決めつけるわけにはいかないが,

デッドリフトがキングオブトレーニングと親しまれるのは良く分かると言えるのではないだろうか。




個人的にはスティッフレッグが好きなのでスティッフレッグがキングです(^^♪

僕の言うキングオブトレーニングは,自分に合う,自分が好きな種目で良いと思うのでした。

なんか最終的に答えが曖昧で申し訳ないッ

余談ですが,デッドリフトの由来って,

「 戦場で死体を引き上げるような動作(負荷) 」からつけられたのだとか。

ずっと「 死ぬ程辛いトレーニングだからデッドリフト 」って思っていました^^;

少しシンプルすぎますね,僕の考え方w



今日の体重メモ: 57,7Kg



関連記事

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし


ジェファンさんお疲れ様です(^o^)/

トレ2時間行って,まだまだ足りないなんて…素晴らしいストイックさです!!

試行錯誤,諦めないことで僕たちはガンガン成長しますよ(^^♪

Posted at 05:09:36 2013/06/08 by ストイックライダー( ソウイチ )

この記事へのコメント

kage

管理人様、おっしゃる通りですね。
まだまだ心の余裕が足りないようです。トレーニングもまだまだ足りませんが^_^;
色々試行錯誤してみます。ありがとうございます。

Posted at 22:32:43 2013/06/07 by ジェファン

この記事へのコメント

kage

Re: まだまだ…

ジェファンさんおつかれさまです(^o^)♪
メニューの種目を重ね過ぎるにしろ,種目が少ないにしろ,
試行錯誤を繰り返し,ご自分が追求したい種目を,
見つければ良いと思います(^^♪

ただ,1時間(1時間は例で,その他45分のトレなど)で納めるようなトレーニングメニューなども経験し,
体調を試すのも良いかもしれません^^
「 トレ1時間の時の方が次の日のトレも疲れず,スムーズに勧める,記録が伸びる,伸びが悪い 」などが分かると思います^^
また,2時間で快調にいってるのなら,そのリズムでも良いと思います。
「 短時間集中 」でも記録が伸びなければ意味がないですし,
筋肉に効かなければ意味がありません(@_@;)( まったく意味ないことはないけど勿体ない)

逆に「 2時間や3時間のトレーニング 」にも同じことが言えます。
ご自分のトレーニング内容と体調,仕事のプランなどを考えてトレーニングライフを送ることが,
トレーニングも審査も楽しめるのだと想います(^o^)

Posted at 04:27:27 2013/06/07 by ストイックライダー( ソウイチ )

この記事へのコメント

kage

まだまだ…

とんでもありません。管理人様のトレーニングアドバイスのお陰でやる気が出ています!
インターバルは一分以内にしています。色々メニューし過ぎて2時間近くトレーニングしていることがあって、これでは意味ないですよね~_~;。ダラダラしているわけでは無いのですが、あれもこれもやらねば…と思うことが、あります。要は短時間集中の方が効果は上がりますか。

Posted at 07:02:14 2013/06/06 by ジェファン

この記事へのコメント

kage

Re: 実行あるのみ!

ジェファンさんお疲れ様です(^^♪

そうなんです。ジェファンさんが行ったように,
短期集中というよりも,筋肉は少し休んだだけで,結構回復してしまうので,
インターバルを長く(2~3分以上)とることはお勧めできないのです(^o^)

僕にとって短期集中はインターバル30秒以内をいいます。
たまにするのですが,休憩を30秒以内にすると,軽く有酸素っぽくなり,
燃焼が促進されるのです。
疲れるので,たまにしかしませんがw
たまにすると「 火 」がついたように,
ガンガン追い込めますよッ!!

インターバルは,普段では僕は極力1分以内に収めるようにはしています^^
考え事などしていると2分になることもありますがw

しかし,ジェファンさんは行動的で,努力家で驚かされる一方です(@_@;)!!
文章でのやり取りのみなのに,闘志が見えてきますw
僕も負けないように頑張らねばッ


Posted at 03:22:39 2013/06/06 by ストイックライダー( ソウイチ )

この記事へのコメント

kage

実行あるのみ!

お疲れ様です!
管理人様の実行あるのみ!という言葉に感銘受けました。おっしゃる、通りです。
普段トレーニングジムで2時間もしてましたが、今日帰り道に空いた時間にしたら昨日のメール頂いた懸垂トレーニングが30分もかからず終わりました。短期集中ですね。

Posted at 14:51:41 2013/06/05 by ジェファン

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ジェファンさんお疲れ様です(^^♪

いえいえ,とんでもないですッ
当たり前に加重チンニングと書いて申し訳ない(>_<)
加重はリュックでも良いと思われます。

また,ワイド >> ナローでも十分良いですよ(^o^)
ただ,こういった方法もあるということを伝えたかったのです。

加重があると同じフォームで追い込みやすくもあるので,
ただ,どちらのパターンが成長するか?と言えば,
両方を試してみてみて,筋肉痛や疲労の具合を見比べるのが良いと思われます。


成長の可能性は「 実行 」という言葉に秘められているのですから^^♪

Posted at 06:33:01 2013/06/05 by ストイックライダー( ソウイチ )

この記事へのコメント

kage

お疲れ様です!
管理人様、ありがとうございます。

専門的にされている方にアドバイス頂き、本当に頼り過ぎて申し訳ありません。偶然、通りかかった者にも関わらず毎回、親切なメールありがとうございます。結果を出してお礼できるように頑張ります。
ストイックにされている管理人様見習います!
懸垂バージョンですが、5k重りなくてもワイド→ナローで追い込みも効果ありますか。試験にそった手の幅で重りする方がいいでしょうか。リュックに5k入れるやり方とかでいいでしょうか。経験したことがなくて^_^; …

Posted at 06:17:01 2013/06/05 by ジェファン

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

お疲れ様です(^^♪
追い込み補助はあったほうが成長は早いですが,出来る時だけで良いのではないでしょうか。
僕は基本的にスポーツジムでは,追い込み補助をお願いしない人せず,
トレーナーの方が勝手に来たら,お願いする感じですw

ただ,補助はあった方が成長は早いように思います。

またジェファンさんの言う「 設定20回 」というのがよく分からないのですが,
僕の場合を話しますと,レップ数に設定は決めておらず,

各種目「 限界レップ 」まで追い込んでいるつもりです。
なので例えば23レップが最高記録であれば24レップを目指さなければいけません。

また,2セット目に1セット目の回数を上回ることはありません。
上回るとすれば,インターバルの休憩の取り過ぎだと思われます。

各3セットすることは追い込みすぎかどうか?ということに対しては,
「 仕事に支障が出ない加減 」をご自分で調整していくしかありません。

人それぞれ労働負荷が違うので,なんとも言えないですが,
個人的には3SETは普通だと思います。
ただ前回の解答で( 例 )を2SETと書いたのは,ジェファンさんの言ってたメニューよりも
種目数を増やしたため,1SET減らしたのです。
ジェファンさんが,万が一そのままマネしても大丈夫なような内容を記載致したつもりです。


背中の日の参考メニューを言うとすれば,

懸垂査定( 最高記録を抜くことを目指して )

加重チンニング5Kgまで 2SET

ラットプルワイド ドロップセットで4SET程

懸垂査定

加重チンニングを入れる場合,あまり重いオモリを意識せず,行うことで,
肘や,肩の故障の確立を下げます。
懸垂でも腕立て伏せでも,トレ始めの回数と,トレ終わりの回数に差が出ますが,
各状況で,最高レップ数を目指していくと良いように思います。

また,あまりウエイトに拘らず,懸垂だけを行う日や,
腕立て伏せだけの日があっても心強いとも思います。
各部位週に2回ずつ入れれるわけですから,結構刺激が違い,成長の切っ掛けになるのではないでしょうか。
腕立てなら,家でも出来るので,お手軽に審査練習できますし(^^♪

Posted at 03:31:21 2013/06/05 by ストイックライダー( ソウイチ )

この記事へのコメント

kage

お疲れ様です!
腕立ては現在、最高122回です。試験では、10cmの高さあるスポンジに顎を付けます。実際スポンジ買って使ってます。二秒に一回です。
懸垂は三秒に一回です。
ともに、明らかに下りてないなどなら注意されますが、腕立てでも腰を上げて休憩の様な感じになっても膝がつかない限り大丈夫です(小鹿のようにプルプルなる感じです^_^;)。
管理人様のおっしゃる、回数は例えば2017なれば、追い込み補助は不要なんでしょうか。また23回出来ても設定が20回なら止めるのでしょうか。ベンチ、傾斜腕立て、各3セットして、は追い込み過ぎでしょうか。分割しても2時間はかかってます^_^;
懸垂バージョンもワイド、ナロー、ラットプルならどんな感じですか。長々メールすみません

Posted at 21:04:40 2013/06/04 by ジェファン

この記事へのコメント

kage

Re: Re: タイトルなし

ジェファンさんおつかれさまです(^^♪
今のままで良いとは思います。ですが,やり方によるとも思います。
僕でしたら以下のように行います。>


■ 腕立て伏せの日( 回数,セット数は例 )

腕立て伏せ x107(次回目標107回以上)

ベンチプレス40Kg x15 x13 =2SET( 次回目標40Kg16回,クリア後+1,25Kgx2枚(2,5Kg)増量 )

傾斜腕立て伏せ x20 x17 =2SET( 次回目標21回以上 )

リバースプッシュアップ x25 x24 =2SET( 次回目標25回以上 )

腕立て伏せ x60( 次回目標61回以上 )


やはり最高レップ数メモが肝に思います。
重りの増量はベンチプレスだけにし,あとは全て自重で,回数を+1でも多くすることです。
セット数は体調などに合わせて行います。

あとは腕立て伏せのフォームの審査は,しっかりと肘を伸ばさないといけないのか?
懸垂の審査は下で一度1秒停止するのか?などを調べ,
それに従った自重トレーニングを実行した方が良いように思います(^o^)

あと審査員の意見と,経験者の意見を聞き,各種目のフォームはチート気味なフォームはセーフなのか?
といった審査情報も得ときたいところです。

Posted at 20:51:15 2013/06/04 by ストイックライダー( ソウイチ )

この記事へのコメント

kage

お疲れ様です!
管理人様には精神面までもアドバイス頂き本当にありがとうございます。
今は、腕立て日ならば、テスト一回→ベンチプレス、足を高い位置に置き負荷かけて腕立て。3セットずつ。1セット15回ぐらいで、補助あり。→肩、三頭筋→テスト一回。としています。
懸垂も同様な感じです。
腕立ても100回越えてからだいぶきつくなります。このままメニューでいくか、ただただ負荷なしで腕立てするか、どちらの方が効果あるでしょうか。テスト一回は毎回しています。腕立て100回は越え、懸垂は24回です。

Posted at 13:30:28 2013/06/04 by ジェファン

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック