HOME > スポンサー広告 > title - ここには" ヤツ "がいる。その姿は傲慢である[ 肩トレの日 ]HOME > SR(ストイックライダー)物語(小説もどき) > title - ここには" ヤツ "がいる。その姿は傲慢である[ 肩トレの日 ]
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここには" ヤツ "がいる。その姿は傲慢である[ 肩トレの日 ]

kage

2013/07/12 (Fri)



今日のトレーニングは肩の日です。

現在筋肉痛は,昨日のベンチプレスで潰した大胸筋のみです。

昨日はベンチプレス10セットだけだったので,程良く疲労が残りません。

さて,今日は以前に" ヤツ "がでてきた時のお話を。

果たして" ヤツ "とは何なのか?それは記事の最後に綴ります。


それでは,今日のメニューから。


( ジャイアントセット )

■ 肩の日( 前半 )

~プレス系種目~

クリーン&プレス 20Kg
スタンディングバーベルフロントプレス 20Kg
スタンディングバックプレス 20Kg
スタンディングWバーフロントプレス 10Kg
ダンベルプレス LR2,5Kg


これをインターバル気持ち3秒で1周。
2分程休憩してもう1周したので,プレス系種目合計2周です。


~レイズ系種目~

バーベルアップライトロウ 20Kg
Wバーアップライトロウ 10Kg
シーテッドサイドレイズ LR1,25Kg
シーテッドフロントレイズ LR1,25Kg
ベントオーバーサイドレイズ LR1,25Kg


これをインターバル気持ち3秒で1周。
2分程休憩してもう1周で,レイズ系種目も合計2周。
ダンベル種目はトップで1秒止め意識して行いました。


~リスト種目~

バーベルバックリストカール30Kg
Wバーバックリストカール 10Kg
Wバーリストカール 10Kg
Wバーリバースカール
ダンベルリストカール LR1,25


リスト種目のジャイアントセットは,1周です。
めちゃバーンきつかったす(@_@;)



以上。終わりに昼食+プロテイン。

続いて後半のメニューです。



■ 肩の日( 後半 )

バーベルシュラッグ =4SET
140Kg x15 x12 x12 x12

ドラゴンフラッグ =4SET
x15 x12 x12 x12

ハンギングレッグレイズ( ツイスト有り ) =4SET




以上。終わりに深夜食+プロテイン。

続いて今日の食事です。


■ 今日の食事

昼: トレ直後

卵2個かけご飯+プロテイン
0711aaa.jpg

夜: プロテイン

深夜: トレ直後

目玉焼き2個+水菜サラダ+プロテイン
0711eee.jpg

深夜: プロテイン

朝方: プロテイン

寝る前: プロテイン


で,以上です。


以前ホームジムでいつものようにトレーニングしていると" ヤツ "と出くわしました。



■ ここには" ヤツ "がいる。その姿は傲慢である

俺はある日,Wバーベルバーを握ってトレーニングをしていたんだ。

すると左の視界から" 気配 "を感じた。

俺は「 どうせアイツだろう。 」と想い,冷静に気配がした位置にノソノソと向かったんだ。


俺の言う" アイツ "とは" ゴキブリ "のことを指す。

この時期になるとアイツは頻度にどこからともなくやってくるのだ。

カサカサ。カサカサと目ざわりな奴である。


「 いきなり出てきてビックリさすんじゃねーぞ。」そう呟きながら俺は,

ホームジムに散らばる5Kgプレートを足でのかしていった。

しかし,アイツはいない。


俺はそのいないことにモヤモヤを覚え,ムキになり" アイツ "少し荒っぽく探すのである。


「 何処にいきあがった!!俺の縄張りでカサカサするんじゃねェ!! 」


俺は憤怒していた。



すると,俺の怒りの声が届いたのか," カサカサ "という表現よりはるかに素早く" ヤツ "が現れた。

そして" ヤツ "が俺の視界に入った瞬間に,

" どうせアイツだろう "という想いが砕かれたのである。





" ヤツ "は静かにジっと俺を見ていた。

逃げもせず,隠れもせず,

人間という存在に恐怖すら覚えていないためか…。

いや…,もっと何か…。そう。

" ヤツ "は自信で溢れていたのだ。

0708ggg.jpg



デカイ。

近づくと予想を上回るでかさである。ボディービルダー顔負けだ。

表現として言うならば,矛盾しているが" 小さいのにデカイ "

その表現は,少し憧れを感じるものすらある。

近づいても逃げもしないその姿は傲慢で,どこか強がっているようだった。


しかし," ヤツ "は悲しんでいたのだ。

この世の中,次次に破壊されゆく" 居心地の良い場所 "

無差別な都合で排除される仲間達。


俺は" ヤツ "に共感した。

じゃぁ,いっそのこと友達になるか?


いや,悲しい話だが,友達にはなれない。

住む世界が違うからだ。


悲しいひと時,会話が出来ない俺達は,お互いが背を向けた。


そして俺は何事も無かったかのように,プリーチャーカールの21レップス法を続けたと同時に,

" ヤツ "も何事も無かったかのように,物陰に去っていったのだ。






現在の体重メモ: 57,1Kg




関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。