HOME > スポンサー広告 > title - 炭水化物を抜く理由HOME > SR(ストイックライダー)流筋トレ理論 > title - 炭水化物を抜く理由
2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭水化物を抜く理由

kage

2013/07/18 (Thu)

0717aa.jpg

今日は昨日と同様に,ご質問をいただいたので,それを記事にしてみようかと思います。

食事内容はプロのボディビルダーの方でも,皆違います。

基本的な栄養素の吸収率というのはひとまず置いといて,

人それぞれに,生活や代謝の関係からも吸収しやすい栄養素や,吸収しにくい栄養素があるのだと,

管理人は考えます。当ブログの管理人も雑誌のマネゴトや,アドバイスを取り入れたりし,

アウトローに実践していっているので,そんなに型にはまっていません。

特に凝っているわけでもなく,とにかく自由にやりたいことをやっている感じです。


さて,今日はそんな食事内容についてお話しします。


■ 炭水化物を抜く理由

今日はこのブログの常連様からこのような質問を頂きました。

" 炭水化物を抜く理由を教えてください "


さて,基本的に僕の現在の食事内容についてはボディビル雑誌の記載内容を" 実験中 "というのが正しいです。

食事内容というのは試行錯誤を繰り返し,自分の身体にあった手法を見つけなければいけません。

" 結果が出なければ次 "というストイックな精神と共に,

栄養面や健康面にも良い食事内容を見つけ出さなければいけないのです。


先程も言いましたが,ボディビルダーの方々の食事内容というのも,皆やり方は統一ではありません。


減量期にはカーボローディング期までは1日1回の炭水化物のみしか摂取しないプロの方も居れば,

減量期にも炭水化物をバランス良く摂取するプロの方もいます。



▽炭水化物(糖質)の調整で,自分の中の体調やカロリーを調整する

炭水化物というのは" 体重とパワー "に影響しやすいのは確かです。

それに,炭水化物によって貯蔵されるグリコーゲンが少なければ,

脂肪を積極的に燃やしてくれるという情報も多いですが,仕事と良いトレーニングライフを送りたい我々にとって,

自分の体調に合わないやり方" かも "しれないやり方を試すのはお勧め出来ません。


何より炭水化物は運動をするために必要なエネルギー源でありながら,

それを" 抜く "というやり方は簡単にはお勧めできないのです。


また,炭水化物は" 食べ物 "として大雑把に認識しやすく,カロリー調整が出来やすいことからも,

炭水化物を抜いたり,増やしたりという手法が流行りやすいとも言えるのかもしれません。


▽僕の実践術(実験中)

僕の現在実践している食事内容は,

トレーニング日には積極的に炭水化物を摂取し,トレーニングOFF日には炭水化物1日1回という方法を実践しています。

この方法を実践しようと思った切っ掛けは2013年のボディビルディング7月号を購読したのが切っ掛けです。

関連>> 食事構成変更計画"@UKカフェ物語[ トレOFFの日 ]


これを読んでなぜ実践しようと思ったのか?と言えば" 仕組みがしっくりきたから "と言えるのかもしれません。

単純な話" 運動する時はグリコーゲンが極端に枯れるので,炭水化物とタンパク質を積極的に摂取 "

" 運動しない日には,1日の栄養を,たんぱく質や野菜を中心に補う "というイメージです。


今の所,減量用プロテインの効果もあってなのか,体重がどんどん下がり,

極端なパワーダウンもなく,良いトレーニングが出来ている状態です。

また,僕がこういった食事内容にしたのは" カットを出すため "を目的としています。

炭水化物を抜く理由というのは,カロリーコントロールと共に,

体内に貯蔵されるグリコーゲンの調整を測れるかどうかの実践です。

そのうえで,効率よく栄養を" まだ楽に取り込める "かな?と思ったから実践しています。


炭水化物を気にせずに摂取しながらも,カットを出すというのは,

カロリーコントロールが上手くないと出来ないのではないかな?と思っていたりもするのです。

夏が過ぎた頃あたりには,また別の食事法を試したいという気もあります。


まだまだ試行錯誤は続きそうです。

0717aaee.jpg



▽一般的な体重調整を目的とした食事構成はどうすればいいのか?

一般的には1日3食しているものを" より分割的に食事 "を行うと良いとされます。

1日1食の方,2食の方は,よりそうと言えますね。


一度に食事を摂取する量が多ければ多い程," 食事の栄養の吸収 "の十分なパフォーマンスを発揮できません。

人には1食あたりの吸収出来るパフォーマンスが違います。

吸収しきれなくなった栄養は,便として排出されたり,脂肪となりやすいようです。



例えば1日2000Kcal程が目安であれば,その2000kcalをより分割にすることで,

体内に吸収される栄養の取りこぼしを少なくします。



当然ながら分割食事方でも2000Kcalを上回ることで,体重も上回ります。

そこで,その吸収が優れている体内環境の中で" トレーニング "を取り入れることで,

素晴らしい成果を生むことが多いのです。


▽実際に食事内容を分割するのはきつい

僕は以前,工場勤務の時にこのような食事内容を行っていました。


朝: 卵かけ納豆ご飯

10時の10分休憩: プロテイン

昼: お弁当半分

15時の10分休憩: お弁当半分+プロテイン

18時の10分休憩: パンorおにぎり+プロテイン

22時: 夜ご飯

寝る前: プロテイン



食事分割して,実際に思ったことが" きつい "の一言です。笑

仕事の環境もあって15時休憩なんか,コーヒーを飲みながら皆と喋りたいのが本音でした。


一般的に勤務についていれば,食事分割方なんてやってられません。

出来ても1日3食です。

そこでどのような方法がお勧めか?を僕の考えからお話しします。


▽食事構成の手引き

僕のお勧めしたい方法は,野菜摂取を中心とした食生活です。

炭水化物は" いつもの半分 "にし,カロリー調整をします。

「 炭水化物を気にしないで食べてもいい 」と言ってしまうと,

食欲が旺盛になってしまい,カロリー調整しにくい状況下におかれるのです。

かと言って,炭水化物をまったく抜いてしまえば,パワー不足で仕事にも貢献出来なくなります。

だからこそ" いつもの半分 "という言い方にしておきます。

0717yyy.jpg


写真では緑の薄い野菜が多いですが,野菜は緑色が濃い野菜を摂取することでより高い栄養価が期待出来ます。

そして,あとは魚や鳥肉,牛肉などのタンパク質を摂取し,1日に20分~30分でも運動することで,

成果に繋がりやすく,体重にも変化がでるかと思います。


魚類は特に良く,魚類に含まれる脂質は吸収されやすく,血液がサラサラになるようです。


聞いた話では,魚は触っただけで低温やけどを負うようなデリケートな脂肪をもっています。

それに比べ,豚や牛などの動物というのは,触っても低温やけどどころか,体温が高く,ブニブニとゴツい脂肪です。

そのことを考えると,それらを我々の体内に取り入れた時に,

吸収されやすいのはどちらなのか?と言えば,答えは明確に思いますよね。



また," 体重を上げたい "というのであれば,その逆です。

炭水化物を積極的に摂取,サプリメントなどの利用も兼ねて出来るだけ食事分割しなければいけません。

関連>> ザバスのウエイトアップって実は…[ 足トレの日 ]

>> 最近使用しているプロテインについて[ 腕トレの日 ]


▽これらはあくまでボディデザインに位置するもの

基本的に上記にお話ししたものは,ご自分の肉体を改造することでのお話しです。

" 腕立て伏せの記録を狙う "といったことや," 懸垂の回数を上げたい "などの目的とはまた違うのです。

確かに,絞って体重を減らすことで,懸垂や腕立て伏せには有利になるのかと思われますが,

食事内容,特に炭水化物の制限をすれば,パワーもなくなってしまうため,

競技に十分なパフォーマンスを発揮出来ない可能性が出てきます。


腕立てなどの記録を狙うことに関して,何が" Best "なのか?は,

管理人自身が夏すぎにカメラを購入次第試そうとは思っているのですが,

現時点で言えることは,なるべく栄養をコマメに摂取して,身体の成長環境を良くし,

1日1日,腕立て伏せの記録をコマメに伸ばすといったことです。



間違えがあればご指摘して貰えば嬉しいです。
関連記事

この記事へのコメント

kage

言葉について

「間違えがあれば」と有りますが、「間違え」は「まちがい」のまちがいです(動詞として「まちがう」より「まちがえる」を多く使うようになったことからだとは思いますが、名詞としては辞書には「まちがい」しか有りません)。

Posted at 16:38:25 2015/04/23 by 牽牛星

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。