HOME > SR(ストイックライダー)流筋トレ理論 > title - プロテインのメリット,デメリットを考察
2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

プロテインのメリット,デメリットを考察

kage

2013/08/21 (Wed)



昨日のトレーニングは有酸素のみでOFFにしました(*^^)

胸トレをしようと思っていたのですが,僧帽,広背,脊柱起立筋,ハム,カーフ,腹筋が筋肉痛で,

特に,僧帽とハムが強烈なヤツがきています!(^^)!立つ時におじいちゃんみたいになる感じがタマランです。

ということで,ウォーキングにしようと思ったのですが,OFFで少し負荷が欲しかったのでランにしました。

さて,今日はプロテインについての記事です。


まずは,この日のランと食事から。




■ 深夜のラン

先程も言った通り今日は有酸素のみのランニング。

結果は以下の通りですが,帰宅後5分程アプリ切るの忘れていたので,実質45分程かな(こまかッ

0820ttrr.png

走っている途中に呼吸を整え直せる程スローペースで走りました。

それでもこれだけ走ると,タンク汗バシャで絞れますw

そんな今日の深夜の絵シリーズ。

「 闇の休息~ああ、月が明るいぜ~ 」
0820aaa.jpg

続いて,今日の食事メニュー。


■ 今日の食事

昼前: プロテイン

昼: プロテイン

昼: 卵2個かけご飯+大粒納豆+ササミボイル+野菜ジュース
0820rrr.jpg

夜: プロテイン

夜: ツナサラダ+プロテイン
0820www.jpg

深夜: サバの水煮缶

関連>> サバ水煮缶の効力とは!?

0820uuu.jpg

深夜: プロテイン牛乳割り


以上です。この日は野菜ジュース切らしていたので,ショボン。

今振り返ると,満足のいかない食事でした(/_;)

ただ,野菜ジュース無いだけなんだけどw


さて,今日はプロテインに対するメリットデメリットを書いてみます。

あくまで僕の考えからなので,あしからず…。



■ プロテインのメリット,デメリットを考察

プロテインは日本語にして「 たんぱく質 」なので,その名も通り,主にたんぱく質の補給に優れています。

それではまず,なぜ優れているのかを考察してみます。

▽プロテインの良いところ

それは,プロテインがたんぱく質を初めとした栄養素であり「 液体 」であるということ。

液体であることで,胃にもたれず,普通の食べ物よりも栄養の吸収効率が良いです。

また,液体であることで,トレーニング後に傷ついた身体を修復しようとする" ゴールデンタイム "にダイレクトに,

利用出来ます。更に間食に素早く,お手軽に摂取出来,就寝前の栄養補給も胃がもたれにくいのです。

▽成分が明確化されている

プロテインの良いところは何と言っても,成分が明確化されている所にあります。

たんぱく質を何グラム摂取出来ているか?を計算出来やすく,かつ低脂肪なのです。

筋肉を作る材料はたんぱく質と炭水化物なので,是非利用したいものと言えます。

(勿論野菜類もネッ!

▽プロテインの摂取目安

プロテインの成分が明確化していると,あとは食事の目測次第で,ダイエットなどが少し楽になります。

そして,僕が思う1日のたんぱく質摂取目安は…。


自重トレーニングのみ…体重×たんぱく質1g

ダンベルなどの重りを使用してトレーニング…体重×たんぱく質1,5g

ウェイトトレーニング…体重×2g

ウェイトトレでそれなりにトレーニングがハードだと思えている場合…体重×2,5g~


自重トレーニングの場合,体重x1gなので,プロテインを使わなくても1日3食していれば問題ないです。

どうしても飲みたいのであれば,トレ直後とトレOFFの日の就寝前の1日1回でも良いと思います。


また,炭水化物を減らす食事をする場合,プロテインがあれば,

たんぱく質の摂取量を上げるなどの食事方法にもシフトしやすいです。

一般的にそれを高タンパク質,低炭水化物の食事方法といいます。

関連>> 炭水化物を抜く理由


ですが,あくまで1つの事例であり,ダイエット期間などに試すのは良いですが,

1年中それを続けるのはここではお勧めしません。

また,たんぱく質を下げる変わりに,高炭水化物にする食事方法もあります。


自分の合ったやり方を見つけ,健康をもフォローしなければいけません。

▽プロテインのデメリット

それは「 液体 」であるがために水分が不足しやすいということです。

プロテインにはたんぱく質を初めとした,栄養素が含まれており,

摂取する場合,プロテインとは別に水分を摂取する必要があります。


1日のうちに食べ物を食べて水分を摂取しなければ,便の通じが悪くなるのと一緒で,

プロテインを摂取する場合にも水分は必要なのです。

プロテインは「 食べ物の液体版 」であることを忘れてはなりません。

このことからも,便が固ければ水分が不足しているということです。


またプロテイン,プロテインと意識しすぎてたんぱく質を摂取しすぎると,肝臓,賢蔵に負担を与えます。

糖質を摂りすぎたらいけないように,たんぱく質も摂りすぎはよくないのです。

これは「 プロテイン 」と限らず,「 生の食事 」から摂取しても,同じです。


ただ,プロテインという存在そのものが,たんぱく質の摂取をお手軽に出来すぎるのです。

負荷に見合った摂取目安をオーバーしすぎないようにして,健康と筋肉を手に入れましょう!


関連>> 今日のテーマ@雨に塗れるプロテイン[ トレOFFの日 ]

>> 最近使用しているプロテインについて[ 腕トレの日 ]


現在の体重メモ: 56,9Kg



そんな今日はチートデイなのにあまり食べていません…!

関連>> ウエイトトレーニング復帰5ヶ月目の成果

今から追い上げるぜッ(^。^)





関連記事

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

> 今日から読みます 面白いです( ^ω^ )

ありがとうございます♪今後とも宜しくお願いします(^O^)/

Posted at 07:02:34 2014/07/20 by SR@管理人(ストイックライダー)

この記事へのコメント

kage

今日から読みます 面白いです( ^ω^ )

Posted at 15:21:07 2014/07/19 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック