HOME > スポンサー広告 > title - パワーグリップの使い方@買い替えましたHOME > トレーニング道具,器具レビュー > title - パワーグリップの使い方@買い替えました
2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーグリップの使い方@買い替えました

kage

2013/10/03 (Thu)

1002eecc.jpg

今回の記事は前回発注した" 新しいパワーグリップ "が届いているので,

さっそくレビューすると共に,パワーグリップの使い方を綴りたいと思います!(^^)!

それでは,トレーニングでターゲットを的確に追い込むためのアイテム,

「 パウァーーーーーーーーグリップス!! 」の紹介です。

★2017年現在で欲しいと思っているパワーグリップは

ゴールドジムのものです。

この記事で紹介しているパワーグリップは正直おすすめではありません。



※記事最後,追記有り!





■ パワーグリップの使い方@買い替えました

今日までお世話になった" イサミ "で購入した1500円程のパワーグリップです。

1年半程使用したのではないでしょうか。

1002iikk.jpg


もうボロボロで,バーベル130Kg程になってくるとマジックテープが剥がれて危ないので,

仕方なく買い替えることにしました。

格闘技用品 武道具用品 格闘技プログッズショップ イサミ

1002eee.jpg

そこで,今回購入したのが「アイロテックのパワーグリップ」です。

※結果的にはこのパワーグリップはマジックが弱りやすかったので、
2017年現在チェックしているパワーグリップを記事後半で紹介します。

POWER ARMOR パワーグリップ

1002ssxx.jpg

バーベルを掴むベロは,ゴムの素材で出来ているように見えます。

バーベルが滑らず,しっかりと固定出来そうです。

今まで使用していた1500円程のパワーグリップと比較すると,ベロの大きさが全然違います。

1002fff.jpg

パワーグリップのベロがへこんでいる所に親指がハマる感じに装着し,手首にベルトを巻きます。

1002ddcc.jpg

このような感じですね。親指がベロのクボミにフィットしているのが分かります。

1002eedd.jpg

さて,バーベルバーにパワーグリップのベロを巻き付けましょう。

1002uuoo.jpg

巻きつけると,ベロを完全に内側にインします。

1002uuii.jpg

ギュっとして「これでもかッ!!」というくらい,巻きつけます。

ただ,単に巻くだけではパワーグリップの効果は発揮されません。

1002eett.jpg

「このパワーグリップのベロがバーベルを一周以上するのではないか!?」というくらい巻きつけると,

パワーグリップの本領が発揮されるわけです(^.^)

1002uuyy.jpg


●パワーグリップの良い所

バーベルバーやチンニング,ダンベル種目などを行う時に活躍するパワーグリップ。

また" リストストラップ "というものもあります。


リストストラップはパワーグリップよりも,しっかりと巻けて,固定出来るという最大のメリットがありますが,

トレーニングの作業効率は断然にパワーグリップの方が優れています。


その変わり,パワーグリップはリストストラップよりも,握力の固定が大雑把です。

また,1種目,1SETを全力のパフォーマンスで発揮したい!というのであれば,リストラップがお勧めです。

※100Kg以上の練習~リストストラップがおすすめです。


●大手メーカー
GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

●皮製
Schiek(シーク) レザーリフティングストラップ 05-00800


では,パワーグリップ&リストストラップを持っておいた方が良い理由をお話しします。

1002eecc.jpg


握力が尽きない!!

⇒パワーグリップ/リストストラップを巻くことにより,握力の補助となり,

握力が尽きずに最後まで筋肉を追い込めます。

管理人である僕は,元々手が小さく握力も弱いのでパワーグリップのお陰様で,

トレーニングで良いパフォーマンスを発揮出来ています。


ターゲット部位を追い込める!!

⇒握力が尽きなければ,ターゲットの部位を存分に追い込めます。

例えばチンニング(懸垂)の場合,握力から先に尽きることなく,

ターゲットとする背中の筋肉を追い込めるのです。

よく「それでは握力は鍛えられないまま」と言う方もいますが,

そもそも狙っているターゲットである筋肉を追い込めないことには,種目本来の意味が無くなります。

(多くの場合「ついでに鍛えれてお得」ということだと思いますが…!)


握力を中心に鍛えたければ,別にハンドグリップなどで「握力のトレーニング」をすればいいのです(^O^)/





2013-10/7追記: 新しいパワーグリップに買い替えて,レップ数がかなり伸びました。消耗品は,限界に近づいてくるとパフォーマンスが落ちてゆくのかもしれません。少なくとも,今回購入したパワーグリップの品質が前回のものよりも良かったからだとも思います。レップ数が伸びることにより,自分の中のトレーニング強度も上げることが出来そうです。


2014-3/23追記:使用5ヶ月目にてマジックテープが弱ってきた様子。記事にしてみましたので,パワーグリップ購入を考えている方に参考になればと思います。

高重量でのトレーニングでパワーグリップは危険!?



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。