HOME > スポンサー広告 > title - ブラックロウ討伐記HOME > SR(ストイックライダー)物語(小説もどき) > title - ブラックロウ討伐記
2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックロウ討伐記

kage

2013/10/07 (Mon)



今回の記事は,釣りに行った話を" 小説化 "にしてお届けしたいと思います(^O^)/


-----この世界を冒険するには身体を鍛え,

" 自分のレベル "を上げないと貴重な食材,装備が手に入らないという。

俺達は今日も敵を倒すため,パーティを組んで,目的を果たそうとしていたのであった。






~筋トレ冒険記~

● 登場人物

スルーマージ{ 愛車" キラー "にまたがる男。マリコ様ファンである。

ニチジョー{ " 自分 "が何者なのかが分からない。なにげない日常から答えを見つける

スト{ 貴重なたんぱく源を求めて世界各地を冒険している

コニージェイク{ 今回の物語では,出演しない。現在では隣町の復興にいってるらしい。


関連>> 地下に眠る海~リーバフィッシュを求めて~

>> 見えない龍が棲む山

>> UKカフェ物語

>> スパワールドの章


------噂を聞いたことがある。

" マリアの涙 "という川に「ブラックロウ」という魚が住み着いているらしい。

そのブラックロウという魚はマリアの涙を散々荒らし周っているという。

さっそく俺達は,ブラックロウ討伐に向けて準備していたのであった。

1005ffrr.jpg


※物語に出てくる場所,生き物,道具は存在しません。

この小説は現実の場所,生き物,道具をモデルにしています。




■ ブラックロウ討伐記

怪魚,ブラックロウはマリアの涙に住み着く魚達を喰い荒している。

そのことからも非常に気性が荒い魚だということが分かる。

更にブラックロウは珍味でも有名な魚なのだ。




---------ブラックロウは頭がいい。

一度掛かった人間の罠に免疫がつき「これは人間の罠である」と判別が出来る。

1005cczz.jpg

さっそく,俺達はマリアの涙にブラックロウの討伐を試みに行ったのであった。


-------意味?

-------意味なんてないさ。


名声が欲しいわけでもなく,

マリアの涙を守ろうとするのでもなく,


-------ただ,興味があっただけさ。


俺達が今言えること,それは…。


「 マリアにこれ以上,涙を流させないぜ…! 」

1005ccqq.jpg

そうして俺達はブラックロウを討伐しにマリアの涙に向かったのであった。




--------数時間後,到着。




マリアの涙に着くと,既にブラックロウの討伐を試みる戦士達が数十人存在した。

各々が,独特の罠を張って挑んでいる。

さっそく,いろんな戦士達に話を聞いてみると…。



「 仲間の1人がブラックロウに喰われた! 」

「 数十匹のブラックロウの襲撃を受けた! 」

「 ブラックロウは存在しない!ただの噂さ… 」

「 ブラックロウが喋る所を見た! 」

「 ブラックロウではない" 何か "に襲撃を受けた! 」



などなど,様々な情報を入手出来た。

更に俺達は,その戦士達の情報を分析し,ブラックロウの罠づくりに励むことにした。


スルーマージはどこから入手したのか," 通るとセンサー感知!処刑器具スターターセット "で挑み,

ニチジョーは,食パンを練って作った" 自作!練り食パン "で挑んだ。

そして,俺は追尾型の爆弾" オスラ "で挑んだのであった。



~追尾型爆弾オスラの特徴~

オスラが水中に入ると,赤外線センサーが水中で動いている魚に追尾する。

しかし,追尾してきたオスラに攻撃してこない魚には無反応に終わる。

オスラに攻撃してくる魚のみに爆発する仕組みの高性能型爆弾。

威力はパンケーキを木端微塵にする程の威力である。

1005ccxx.jpg

その時,スルーマージは川を見ながらボソっと言っていた。



「 今日もマリアが泣いてやがる…! 」



スルーマージはそっと,両手を合わせ川に祈ったのであった。

そうして俺達はブラックロウ討伐に向けて,罠の設置の準備をしていた。




パシャンッ!




----------ふと隣を見ると,

女の戦士が「ブラックロウの子供」の確保に成功していた。

しかし,心やさしいその女戦士はマリアの涙にブラックロウを逃がしていたのであった。


----------俺達はそっと目を閉じ,拳をギュっと握りしめた。


マリアを泣かせるのか---------

あの女戦士を泣かせるのか----------


それは俺達には選べなかったのだ。

矛盾しているといったらそうなのかもしれない。

目の前でブラックロウを逃がすことは,俺達の目的とは真逆の行為である。



「 ブラックロウ討伐!” 」



それが俺達本来の目的のはずなのに,ああ,儚き決意。

----------その女戦士の優しさは,確かに俺達には" 聖母マリア "のように見えたのであった。



そして,数時間後。





ついに,設置した罠にブラックロウがかかることなく,

マリアの涙に照らされる日差しに焼かれ,俺達は…。



-------------壊滅した。




ブラックロウの討伐に挑む,

否------

冒険をするということは,大自然に挑むということである。

マリアの涙に照らされる日差しは,

俺達の体力を少しずつ,かつ確実に奪っていき,3人はついに倒れたのであった。



--------------------------

------------------

-------------

-------




------------おい、大丈夫か!


---------------目を覚ませ!



ん…ここは…。


気が付くと,マリアの涙の東にある集落に運ばれていた。

1005mmm.jpg

スルーマージとニチジョーは既に目を覚まし,


------------鍛えていた。


悔しかったのだ。

目的を果たすどころか,自然にやられ,己の無力さに悔やんでいたのだ。



「 俺とて,同じだ…! 」



スルーマージとニチジョーは,頬笑み,ここ1番爽やかな笑顔で俺にこういった。



「 一緒に鍛え直そう,そしてまた…冒険しよう。 」




それを聞いていた集落のオサは,こう言ってくれたのだった。


「 ブラックロウを討伐したいのなら,ここでゆっくり身体を休め,鍛えていくといい 」


そうして,俺達は鍛え-------------



鍛え---------------!!

鍛えぬいた。


それから暫く,この集落の住民となったのであった。




~マリアの涙,集落撮影編~


「 栄養とは…!!枯れた身体に贈る最高のプレゼン!! 」

by スルーマージ
1005ttuu.jpg


テーマ「 オリハルコン 」

by スルーマージ
1005cchh.jpg



「 日常に潜む答えを,意味を見つけたい…。 」

by ニチジョー
1005xxdd.jpg


テーマ「 ステルス 」

by SR@管理人
1005yyii.jpg


テーマ「 敗北ジャック 」

by SR@管理人
1005vvmm.jpg


追伸、集落のオサから貰った" サルマのお酒 "は格別にうまかったのであった。

1005jjll.jpg


- 筋トレ冒険記 -

1005ccoojpg.jpg

※この物語はフィクションで,登場人物は無事に帰宅しています。





関連記事

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし


お疲れ様です(*^^)コメントありがとうございます。
確かにいつもよりはボテボテしていたのは隠しきれません。
体重もここ1週間で1Kg前後の変動があり,僕の場合,腹筋の見栄えも変わってきちゃいます。

ご希望通り,絞ることに集中しながら鍛えたいのですが,今の所転勤もあり,
自分の時間(トレーニングの調整など)の把握がまだ出来ておりません(>_<)

近日発表予定の成果写真は腹筋が,まだ調子が良い時に撮影してみますね。

Posted at 09:10:43 2013/10/08 by ストイックライダー( ソウイチ )

この記事へのコメント

kage

腹筋があまり割れて見えません。
絞ってはいかがでしょう?

Posted at 20:21:22 2013/10/07 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。