HOME > SR(ストイックライダー)物語(小説もどき) > title - 二輪ジェット自転車物語
2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

二輪ジェット自転車物語

kage

2013/10/14 (Mon)



この日のトレーニングは背中/ハムの日でした(^O^)/

この日の筋肉痛は大胸筋周辺&三頭に若干の筋疲労が駆け巡っているくらいのものでした(^.^)

あ,腹筋が筋肉痛になっていましたッ。ブログを綴っている現在ではハムが強烈にきております(@_@;)

関連>> 今日はいきなり寒い!それがまたスガスガしい…。

さて,そんなこの日は,軽くチートデイ風にデザートを入れちゃいました(゜_゜)

では,まずはトレーニングメニューから。






( Kg x Rep )

■ 背中の日

ハーフデッドフト =5SET
142,5Kg x12 x5
130Kg x9 x6 x5

今回ステップアップして間もなくノルマの11Repクリア。次回145Kgデビューです。

スティフレッグドデッドリフト =5SET
70Kg x10 x6
65Kg x5 x5 x4



以上です。終わりに昼食+プロテイン。

この日は仕事を早く終わらせてもらえたので,夜には家に帰宅です(^O^)/


■ 今日の食事

寝起き: プロテイン

昼前: 卵2個かけ納豆ご飯+イワシの煮付け

夜前: モンブラン+鳴門キントキのクレープ

甘いもの食べたくなったので,モンブラン♪
1013www.jpg

チートデイとは決めていなかったので,今日は普通に綴ります(^O^)/
1013eee.jpg

これは100円とは思えない贅沢感ですね(*^^)♪
1013fff.jpg

夜: マツタケご飯+卵焼き+イワシの煮付け+たくあん+カツオのたたき
1013aaa.jpg

深夜: プロテイン

深夜: イカメシ(撮影したハズが記録されていなかって撃沈ッ

寝る前: プロテイン



以上です。

今日の記事は物語を綴ります。


-------------自転車で走っていると,独特の世界観を得れたのでした。

関連>> 仕事冒険日誌(2013/10.12)


※今は原付で出勤しています(アセモにイモッター



■ 二輪ジェット自転車物語

-----------この世界は家でのプライベート空間意外は全て乗り物で過ごすのさ。

それも,この国の乗り物は統一されている。



---------二輪ジェット自転車だ。

この国ではみ~んなそれに乗って移動をし,仕事は" ほとんど "が二輪にまたがる運送業さ。



ある者は,力に応じてしか動かない二輪ジェット。

ある者は,少しの力を加えるだけで,大幅に動く二輪ジェットにまたがり,この国で生活している。

あ、そうそうこの国の皆は二輪ジェット自転車のことを二輪ジェットって呼んでるのさ。


え?そこまで説明はいらないって?

おっと、あそこで一生懸命二輪ジェットを漕いでいるのはマイク=カーターだ。

彼は力を人一倍加えないと加速しないボロの二輪ジェットにまたがる男だ。


-------------

-------------------

----------------------



ギコギコギコギコ


ちッ。たまったもんじゃネェ。この速さじゃ" メイン通り "にすら入れてもらえん。

なにせメイン通りは50Km以上出せる二輪ジェット専用の道。

こんな俺の二輪ジェットじゃ,メイン通りに入ると" 邪魔者扱い "さ。




スィーーーーーーーン



よお!マイク。まだそんな" オンボロ "自転車のってんのか?w

いつまでもそんなの乗っていたら,いつまでも稼げねェぞ?w




ギコギコギコギコ



うるせェ。これで頑張ってるから着くお客もいんだ。ほっとけ。




スゥーーーーーン…




そっかそっか~。余計なお世話だったな~。じゃぁ~のッ。



スゥイーーーーーーーーーン


-------------

------------------





奴の名前はニック。高性能な二輪ジェットで生活する男だ。

ニックの二輪は1漕ぎするだけで俺のオンボロ二輪を呆気なく抜いていったのだ。



フィー―――――ーン…フィー。




お?マイクか?そんなオンボロ二輪ジェットでよく頑張るな~。感心感心。



ギコギコギコギコギコ




そ~だろッ。おまえらの贅沢二輪より愛着が出るってもんだッ。




フィーーーーー




そうかそうか~。じゃぁ、そろそろケツの" 汗モ "にも愛着が湧いてきてるか?w




ギコギコギコ…ギ…




うるせェ!!!!この野郎ッ!!!!!




フゥイーーーーーーーーーーン




おっと、お先。汗モが移るぜ!!w





ギコギコギコ




チッ。

あの野郎の名前はベック。

幼馴染だが,俺はベックが嫌いだ。

ベックはいつも俺に冗談を言ってくるが,俺の触れられたくないことばかりなんだ。

あの野郎…ゆるせねェ。




ギコギコギコギコ




ゆっくり漕ぐことでしか見えないものがあるのさ…。

それは景色,このスピードでしか感じれない風さ…。筋肉もつくしな…。


---------------俺はなんだかんだ,このオンボロ2輪を裏切れないのさ。





- SR -




せめて小説の中でも永遠に-------。

ということで,最近使用したママチャリをずっと使う確率は低いので,小説の中で愛用しましたw

今回出てきたマイクは管理人がモデルですw


もう少し物語を広げたかったのですが,今日はこのへんで(^O^)/


現在の体重メモ: 58Kg




関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック