HOME > スポンサー広告 > title - ホームジムを作るのに値段はいくらかかったのか?HOME > トレーニング道具,器具レビュー > title - ホームジムを作るのに値段はいくらかかったのか?
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームジムを作るのに値段はいくらかかったのか?

kage

2014/01/29 (Wed)

0129a1.jpg

Youtube動画でこのような質問を頂きました。

" 筋トレの器具は合計いくらくらいなのか? "


実はこの質問,Youtubeのコメントでも2回目で,メッセージなども頂いたこともあります。

皆さんホームジムを設立しようと企んでいるわけですね。


※初めに,この記事でいう" ホームジム "とは,

ガッツリとした本格的スポーツジム風のものではなく,

上記の写真のようなものを言いますのでご了承ください。



さて,今回僕の経験が少しでも参考になればと,現在僕が気になるホームジムに欠かせない器具と,

現在進行形で愛用中の器具をまとめてみました。







1) ※愛用中の器具は約3年前に購入したものなので,単品の値段は" うろ覚え "です。

ただ,合計額が11万半ばだったことは覚えています。

また,現在売られている価格は当時のものよりも誤差も生じていると予想されます。

尚,今回記載する値段は2014年1月29日現在のものです。



2) ※気になる器具の値段は,2014年1月29日現在の情報を元に記載しています。

以後,価格に変動がある場合があると予想されますのでご了承ください。

また,気になる器具=「買い替えるのなら次はこれだろう!」という考え方を元にピックアップしています。


3) 器具選びの注意点

・オリンピックモデル器具の穴径と,一般器具(スクリュー)の穴径は違うので注意
(バーベルバーのオリピックモデルはスポーツジムにあるようなものをいいます)

オリンピックモデルの穴径: 50mm

スクリュー穴径: 28mm


・パワーラックはナロー使用とワイド使用があり,ワイド使用を選ぶのが無難。





~ホームジムの主体~

●パワーラックPROフルモデル/ワイルドフィット(現在愛用中)

値段:52,100(ワイルドフィット)

-感想-

以前のレビュー記事に,僕は「他社のパワーラックを購入したとしても,故障する時は故障する」というような言い方をしましたが," 故障した時にすぐに処置できそうなラック "を選ぶことは大事だと思いました。実際にワイルドフィットのパワーラックで問題なくトレーニングできていますが,時期に消耗品の交換はしなければいけません。

このパワーラックは消耗品の交換はラックごと分解しなければいけない構造なので,ややこしい点が気がかりです。そこで,僕が次回に買い替えることを想定した場合に以下のラックが気になるところ。今からパワーラックを考えている方は,少し高い値段を出してでも,よく考えた方が良いと思います。なぜなら,2年、3年、4年と末永く共にトレーニングする器具だからです。

パワーラックを選ぶ時は,部屋の構造上という理由以外は必ずナロー使用ではなく「 ワイド使用 」にしましょう。

勿論バーベルバーもナロー使用ではなく,ワイド使用です。

関連>> ワイルドフィットのパワーラック使用経験談

0129a8.jpg


●パワーラックV-MAX/アイロテック(気になる器具)

値段:49,980円(amazon)/49,980円(スーパースポーツカンパニー)





~パワーラックの相棒~

●インクラインベンチ/ワイルドフィット

値段:20,500円(ワイルドフィット)

-感想-

このインクラインベンチは身長163cmの僕では,寝転がった時に気持ち高い感じがありますが,慣れ次第では問題なくトレーニングできています。インクラインベンチは,パワーラックのメーカーに合わせて買いました。あと,安かったという理由です。使用している感では,しっかりしている方だと思うので安心して使用しています。インクラインベンチは大腿四頭筋種目のレッグEX&二頭筋カール種目には欠かせないプリーチャー台付きのものを選びたいところです。

0129a9.jpg





~パワーラックを購入時に是非2枚欲しい~

●20Kgプレート(ラバー付き)/ワイルドフィット

値段:8,300円(ワイルドフィット)

-感想-

このプレート自体に関しては,文句なく使用できています。ただ" ラバー "に関しては不満が残ったままです。というのも,購入当時,ラバーとプレートが別々で来て自分で装着したのですが,装着時にラバーがもろくて,すぐにちぎれました。ワワイルドフィットに電話した所,対応の良くない方が出て「 寒いからラバーがちぎれやすい 」と言いだす始末。(いつもは対応凄くいいんですよ)

「 あ~、夏につけてネってことね! 」

まじで?(゜д゜)

この時に限っては,ワイルドフィットではなく電話の人に失望させられましたw
ラバー無しだとワイルドフィットの場合20Kg1枚6600円で値段も違ってきます。ラバーは別付だったのであとから悩むのも十分有りだと思いました。

0129a3.jpg


●15Kgプレート/ワイルドフィット

値段:4,800円(ワイルドフィット)

-感想-

100Kg以上を扱いたい!という場合に15Kgプレートは便利になってきます。重りの付け替えがスムーズになったり,セットを組みやすくしてくれるのが,僕の場合15Kgという数字にありました。

0129a2.jpg





~筋トレはダンベルから始まる~

●ダンベル20Kgセット/ファイティングロード

値段:4,500円(amazon)/4,500円(ファイティングロード)

-感想-

パワーラックではなく,ダンベルやプレートなら安さ重視のファイティングロードという印象です。現在でもファイティングロードのダンベル20Kgセットを6年前?程に購入してからずっと使用しています。ただ,一時期,手に" バリ "が刺さったのが気になりました。バリが刺さったので,持つところに布を巻いたのですが,実のところシャフトカラーのスクリューにバリの原因となるものがあったのです(あとから気づきました)

しかし,現在では気になることなく使用できています。

20Kgセットの場合,重りが20Kg分ついているわけではなく,プレート1.25kg×4枚/2.5kg×4枚/ダンベルシャフト2.5kg×2本で20Kgだそうです。

0129a10.jpg





~短いから二頭や肩の追い込みに使いやすい~

●Wバー/ワイルドフィット

値段:4,700円(amazon)/4,700円(ワイルドフィット)

-感想-

問題なく使用できています。Wバーは二頭筋をプリーチャー台でストリクトに追い込めるのでプリーチャー台があるのなら一本欲しいところです。

0129a5.jpg


●レギュラーWバー/アイロテック(気になる器具)

値段:3,990円(amazon)/3,990円(スーパースポーツカンパニー)

気になる器具の1つです。アイロテックのWバーは安いうえに,スクリュー使用ではなく,オリンピックモデル風の穴径が28mmのため,一般プレートでも,スっと装着できるのかと思うとトレーニングが少し楽しくなりそう。(実際には未検証なのでなんとも言えませんが)




~ホームジムの第一歩~

●リーディングエッジフラットベンチ/eSPORTSオリジナル

値段:7,480円(amazon)/7,480円(eSPORTS)

-感想-

一般的なフラットベンチの中では値段の割りに高い強度,品質を誇っています。使用感,寝ころんだ感じが良く,分厚いフレームと分厚いマットにより200Kg耐荷重を謳っているのも頷けます。使用感は良く,ホームジムの雰囲気も良くしてくれているので満足しています。

0129a4.jpg






~ホームジムの見栄え/整理整頓~

●28mm用プレートラック/ワイルドフィット

値段:13,800円(ワイルドフィット)

-感想-

僕の場合,ホームジムの床がコンクリートなので良いのですが,室内である場合は床が沈んでくる可能性があるので注意が必要です。ワイルドフィットのプレートラックは一般的なものよりも値段が張ります。使用感としては,耐久性に優れている感じがしていて安心感があります。その他のプレートラックはどのくらいの強度があるのかは分かりませんが,プレートラックは,散乱しがちなプレートを片付けてくれる最高の器具です。僕の中では,ホームジムとしての雰囲気を2番目に変えてくれるものだと思っています。

0129b2.jpg






★その他,ファイティングロードのプレート複数枚は知人から貰ったものです。





~現在あまり使用していない器具~

●シットアップベンチ/ファイティングロード

値段:3,150円(amazon)/3,150円(ファイティングロード)

-感想-

腹筋種目のマンネリ化対策に使用しています。感想としては買わなくても良い品物だとも思ったりしています。理由はクランチやレッグレイズなどで十分追い込めるからです。シットアップベンチを買うのなら,僕は5000円我慢してチンニングスタンドにします。

0129b1.jpg





~大変お世話になりました~

●ベンチプレス/ファイティングロード

値段:4,200円(amazon)/4,200円(ファイティングロード)


-感想-

ベンチプレスは一時期,僕の筋トレ人生に火をつけてくれたものです。なのでとても感謝しているのですが,筋トレ駆け出しとしてベンチプレスだけを買うということは,必然的に下半身のトレーニング負荷は弱まっていくということにもなります。バランスよく身体づくりをするのなら,スポーツジムに行きながらも「ジムに行けない日はベンチプレス」というようなリズムが理想的だと思います。

0129a7.jpg





~たま~に使用していました~

●アブベンチ/ボディーメーカー

値段:7,980円(楽天市場)/7,980円(ボディーメーカー)

-感想-

ボディーメーカーのアブベンチは,一般的なアブベンチと比較すると非常に安く品質が良いです。現在使用していない理由は,ホームジムにこれ以上器具を設置できないことからも,別の部屋に置いてあります。別の部屋にあると,使用頻度は減ってきました。腹筋種目の最後の追い込みには凄く最適ではありますが,ホームジムが広くなれば,また使用を考えたいと思います。また,腹筋種目がマンネリ化した場合に考えてみます。

結果として「購入して良かった」と今だに思っています。

関連>> ボディーメーカーのアブベンチ入荷か!?

0129b3.jpg





■ ホームジムを作るのに値段はいくらかかったのか?

以上のことからも,以前一度に購入したホームジムセットは,

パワーラック(52,000円)

インクラインベンチ(20,500円)

20Kgプレート2枚(16,600円)

15Kgプレート2枚(9,600円)

ダンベル20Kgセット(4,500円)

Wバー(4,700円)

プレートラック(13,800円)

合計= 121,700円

※パワーラックの値段変動により,値段を集計しなおしました。

当時この記事をつくった時は合計9万円でしたが,合計12万円です。

現在も値上げに向かって値段変動中ですので,値段に誤差が生じています。

尚,他記事では当時の金額から集計してホームジムを11万円前後で揃えたと言っています。



ということで,今回の記事では合計金額12万円程。

後から購入したものを合わせると,

リーディングエッジフラットベンチ(7,480円)を更に足した金額になります。


元から持っていたものを合わせると,

もう少し値段が上がりますが,今回のホームジムを作るという意味では不要なので載せません。



■10万円以上かけてホームジムを作った理由

僕は当時スポーツジムに通ってトレーナーさんに基礎を教えてもらっていたのですが,

ある日から仕事が忙しく,2週間いけていない時期がありました。


そんな時「 あ~、家にジムがありゃ,ちょっとはできたのにな~ 」って思ったのが切っ掛けで,

ホームジムを作る計画がひっそりと進んでいたのでした。


ホームジム(自分のトレーニングメニューに必要な器具)を計算してみると,合計で11万円近く。


その時通っていたスポーツジムの月会費が8000円程だったので,

1年のカードローンを組むと,月に1万円程(9000円半ば)になります。

ということは,スポーツジムを辞めれば卒業すれば値段はほとんどチャラになると考えました。

自分の家でスポーツジムでやっていたトレーニングメニューが出来るのですから非常に理想的です。



スポーツジムも1回単位の値段でいけたので,行きたくなれば行けばいい。

基礎的なことは教えて貰ったので,あとは自分ですればいい。



そうして,合計12万円というお金を1年間のローンにしたのでした。

実際に,休んでも会費を損しないスポーツジム。

しかし,安全管理はすべて自分です。



まずは,ホームジムを作る前に,先にスポーツジムで基礎を習うのが大事なのかもしれません。

関連記事

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ヒルさんお疲れ様です♪


> こんにちは。僕もパワーラックPROフルモデルの商品の購入を考えているのですが消耗品の交換とはどの部分なのでしょうか?突然ですみません。ネットで見るだけだとなかなか選べないもので。。

パワーラックの消耗品は以下のリンクに記載されているような部品でございます

⇒ http://www.wildfit.com/komono/buhin/buhin.html


僕のラックのこの部分もガタがきてるのですが「まだまだ…」としぶっているとこですww

Posted at 11:06:28 2015/01/30 by SR@管理人(ストイックライダー)

この記事へのコメント

kage

こんにちは。僕もパワーラックPROフルモデルの商品の購入を考えているのですが消耗品の交換とはどの部分なのでしょうか?突然ですみません。ネットで見るだけだとなかなか選べないもので。。

Posted at 22:50:48 2015/01/24 by ヒル

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます(^^♪

> パワーラック羨ましいです。
> 道具もそうですが、何より羨ましいのは「場所」ですかね。

場所、確かに1番重要であります。友人が器具をいくつか,くれると言ってくれていた時期があって,
僕も一時期広いガレージを借りようとしていたことがあるので分かるのですが,
シャッター付ガレージとなると,地域によりも異なりますが月に3万前後はふつうにとられるので諦める形になりました。

改めてそういわれると,場所を確保できている時点で感謝しなければいけません。


室内の場合,フラットベンチとダンベルというのがベターですが,

パワーラックとなると厳しい場合がほとんどですよね。

また,ホッケーマスクさんが言うように,床や雑音,広さの問題も課題になりそうです。


その課題が悩みの場合----。

僕なら,プッシュアップバーに,チンニングスタンド,

コロコロにチューブなどでプチホームジムを作るかもしれません。

実際に懸垂ができるところがあるだけで,随分追い込める負荷も変わってきそうです。



Posted at 04:07:54 2014/01/31 by SR@管理人(ストイックライダー)

この記事へのコメント

kage

パワーラック羨ましいです。
道具もそうですが、何より羨ましいのは「場所」ですかね。

SRさんはどうも自宅のガレージ?にジムを作っているようですが、そのような安全にジムを構築できる「場所」の存在が一番手に入りにくいです。
アパート暮しだと重さで床の問題もありますし、広さや騒音もありますから...

Posted at 12:21:04 2014/01/30 by ホッケーマスク

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。