HOME > スポンサー広告 > title - いつも鏡を見て,自分好きだよね。HOME > BIG3 筋トレ日記( 背中の日 ) > title - いつも鏡を見て,自分好きだよね。
2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも鏡を見て,自分好きだよね。

kage

2014/05/05 (Mon)



昨日のトレーニングは背中の日トレーニングでした。

現在の筋肉痛は大胸筋,腹筋が若干,足全般がファイナルフラッシュになっております。

以前,足の日トレーニングの日の翌日が仕事OFFだった時に感じました。


足トレをした次の日にPC前(すわり作業)にいるとまだ筋肉痛は緩やかになり,

足トレをした次の日に立ち仕事(歩き回る)をしていると,

筋肉痛にトドメが入るように筋肉痛が,より加速しているような気がします。


筋肉痛が遅れてやってくることというのは,次の日の行動にも左右されるものなのかもしれません。

それでは,昨日のメニューから綴ります。



■ 背中の日


この日はとにもかくにも,GWまっただ中,筋疲労がヤバめで,

体全体にあらかじめ15Kgプレートの重りを装備しているような疲労感だった。

仕事から帰ると,一旦PC前に落ち着くのだが,

この判断が時として,トレーニング意欲をごっそりと持って行かれる結果となることがある。

座って落ち着くことで,眠気や怠惰感が一気に体中を駆け巡るのだ。

" 無理はしないで…休みなさい… "

そんな天使の声が聞こえてくる。

疲労している足首は気持ちよさそうにグッタリとしている。

しかし,求めていた" 刺激 "というのは,この時にある。

数日でもOFFをとらないことで得れる刺激もまた貴重。

関連>> 刺激は自信に変わる

そういった姿勢をとり,重い足をリビングに運び,歩き回りながらメンタルを持ち上げる。

そしてバーベルバーを掴みに行ったのであった。



ハーフデッドリフト =5SET
120Kg x10 x7 x5 x5 x4

ベントオーバーロー(ナロー) =3SET
50Kg x16 x12 x12



お腹すいたので,ピュアホエイ30g注入。再開。


ワンハンドロー =LR3SETずつ
20Kg x(L15,R14) x(L12,R12) x(L11,R11)

ナローチンニング =3SET
自重 x10 x8 x8

限界時にネガティブのみ+5レップス。

サイドライイング・リアレイズ(インクライン) =LR3SET
5Kg x(L12,R12) x(L10,R10) x(L10,R10)

久々にこの種目やったら,求めていたレイズ系の動作(刺激)で,意識しやすくなっていた。
結果的に言えば,めっちゃ効きました。

ハンギングレッグレイズ =3SET
自重 x20 x16 x13



以上です。

お風呂上りのレッグクランチはOFFです。

続いて食事メニュー。


■ 食事メニュー


寝起きのピュアホエイ30g

卵2個かけ納豆ごはん+ビタミン&ミネラル1粒

140505a3.jpg

ピュアホエイ30g

鶏胸肉のたたき

140505a4.jpg

トレーニング中のピュアホエイ30g

サバ水煮缶

140505a2.jpg


鶏胸肉ボイル(塩コショウ,ゴマ油,ゆずぽん)+ビタミン&ミネラル1粒

寝る前のビーレジェンドプロテイン30g牛乳割り


以上です。

それでは,何気ない世間話を綴ります。


■ いつも鏡を見て,自分好きだよね。


体を鍛えて鏡に向かい,筋肉をチェックする。

あるいは,鏡を見ながら髪の毛をセットする。

あるいは,自分をスマホカメラで撮影する。

すると時々こう言ってくる人が現れる。

「 〇〇くん、本当自分好きだよね~w 」

以前までの自分は,それを言われたら顔を赤らめて,

「 そ、そんなんじゃない! 」と,言っていた。

自分を見るのを見られるのが恥だと感じてしまう。


しかし,なぜに" 自分が好き "ということを隠さなければいけないのか?を考えてみると,

その多くの答えは「ナルシストだと罵倒されたくないから」という答えがほとんどなのだと思う。

小さな頃からナルシストが罵倒されていた状態を見てきたのであれば,

尚更" 自分を好きでいる "という基本的なスタートラインに中々たてない状態におかれるうえに,

人は他人の" 自分を好きでいる "というアピールを,

自己の価値観のみで判断し,否定することが多い。

あるいは心奥底で" 自分を好きでいる "ということを羨み,嫉妬しているのかもしれない。

そう言える程,自分を好きでいることは難しいとされているのだ。


そうした過程を見ていくうちに,

いつのまにか" 自分を鏡で見る "という行為自体を恥ずかしむ病を抱えてしまう。

このことからも,筋トレ初心者はトレーニングにおいて鏡を使う人は少なく,

スポーツジムでは,一部" それ "が目に見えて見える時がある。

本当は鏡を見てやりたいのに,恥ずかしんでいる人がいるのだ。


しかし,別に自分のポスターを部屋中に貼るわけでもない。

極一部の価値観は置いとくとして,一般的に過剰でなければナルシストは武器となる。

" 自分を好きになる "というのは,自分の自信を何倍にも膨らませる武器となるのだ。


筋トレをするならば,鏡は相棒だ。更に言えば,鏡は食事と同じくらい大事である。

自分を見ることに恥ずかしんでいるのであれば,少しずつでいい。

少しずつ自分を見て,自分を好きになってほしい。

そう考えると,筋トレというのはあらゆる難問と向き合える素晴らしい習慣だ。


「 〇〇くん、本当自分好きだよね~w 」


逆に聞こう。

君は自分が好きではないのか?


こう言い返すことは決しておすすめしないが,それくらい当たり前になって欲しい。

今日はそんなことを思っていた。



それでは,今日も" 良き1日 "を。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。