HOME > BIG3 筋トレ日記( 胸の日 ) > title - あの頃の冒険心
2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

あの頃の冒険心

kage

2014/05/15 (Thu)



深夜に今週連続となる胸トレーニングを終わらせてきました。

関連>> 近状報告日誌

現在の筋肉痛は今回行った分の胸トレーニングの筋疲労のみです。

2日前あたりからホームジムでは蚊取り線香が始動しはじめています。

5月早々,蚊撲滅会が開催されました。

3月,4月あたりでは,ホームジム内は血を吸わないタイプの蚊(?)が多かったんですが,

ここ最近では顔に向かって突進してくる程,血を欲している蚊が多く,好戦的です。

トレーニング中になると,蚊は毎年かなり邪魔な存在でありながら,

蚊取り線香の香りは本当に切なくもなり,ワクワクする今日この頃。

胸の奥から夏の体勢を呼び起こすような感覚を絞り出してくれます。

それでは,今回のトレーニングメニューを綴ります。

■ 胸トレーニングの日


ベンチプレス =5SET
90Kg x8 x6 x5
80Kg x9 x8

50Kg~80Kgアップの時点で「う~ん,重い…まあやってみるか」ということで90Kg。
いざ持ってみると「おっ軽い!」という感覚だったのですが,5レップスあたりから急激に重くなりました。
地道に変化を与えながらやっていきたいと思います。

ダンベルベンチプレス(フラット) =4SET
LR30Kg x11 x6
LR25Kg x11 x10

前回の胸トレでフラットのダンベルベンチをやってみたところ,
結構前にやった時よりもしっくりきたので,今回も取り入れてみました。
ストレッチされる感覚がジワっと入って良い感じ。
ダンベルベンチプレスは,
ダンベル掴んで⇒フォーム移行⇒動作の際に生じる手首の痛みや肘の痛みが不安だったのですが、
まったく問題なくできました。今回パワーグリップは無しです。

ダンベルフライ(フラット) =3SET
LR5Kg x13 x11 x10

ダンベルフライはここ最近10Kgで若干肘を曲げて行っていたのですが,
〆にやる場合,重量を出来るだけ軽くして肘をロックする手前程で行うのが,
効かせやすいように感じます。(僕の場合)
今のところ,「やっぱコレだわ!」と言える程これがベスト。

ドラゴンフラッグ =4SET
自重 x14 x7 x5 x4

ガソリン切れになる前にと,二頭筋やる前に抑えておきました。

プリーチャーカール =4SET
15Kg x18 x10
10Kg x9 x9

インクラインダンベルカール =3SET
LR5Kg x10 x8 x6


以上です。

トレ直後,鶏胸肉ボイル食してからウォーキング。

今日も環境観察。

2014515b1.png

お風呂上りのレッグクランチ3SET。

続いて食事メニュー。


■ 食事メニュー


卵2個かけごはん(ノリ乗せ)+納豆+ビタミン&ミネラル1粒
2014515a5.jpg

貰いもののカレーごはん少な目。(撮影忘れ)

サバ水煮缶(1回目)

サバ水煮缶(2回目)

プロテイン未開封のため2回目のサバ水煮缶。

2日連続で1日2缶食べると…さすがに飽きるw

2014515a4.jpg

トレーニング前の無糖コーヒー

トレーニング後の鶏胸肉ボイル(塩コショウ,ゆずぽん,ゴマ油)+ビタミン&ミネラル1粒

2014515a2.jpg

グリコホエイプロテイン20g×2杯

寝る前のグリコホエイプロテイン牛乳割り40g


以上です。

それでは何気ない世間話を綴ります。


■ あの頃の冒険心


歩くと,隣で何気なく生えている雑草達。

" 普段は気づくことの無い風景の一部 "

涼しい風にゆれる雑草達。

子どもの頃以来、触れることもなければ,雑草との縁も無い道筋を今まで辿ってきた。歩んできた。

" 雑草を真面目に見る "

道端に生える野花や雑草をマジマジと見たのは何年ぶり,いや,何十年ぶりだろうか。

子どもの頃を思い出す。

身長は今でこそ小さいが,前から2番目に並んでいたあの頃を思い出す。

不思議な玉を掲げたこの雑草を見ると過去達が自分の脳裏奥の,

開くことの無いハズの扉を開け始める。

" 冒険心の核なる部分 "

2015515b3.jpg

歳を重ねれば重ねるほど,失われる童心。

同時に失われる冒険心。

社会に染まり,秩序に染まり,常識(ルール)に染まり…。

いつのまにか消えている,

自分がかつて持っていたはずのロマン。

歳を重ねる程,冒険心を持とうとすると大人としての" 恥ずかしいという呪縛 "が自分を襲う。

" 確立されたプライド "


幼き頃,僕はこの雑草が生える路地奥に" 行ったことの無い聖地 "があると信じていた。

そのまた更なる奥に行くと,どこまでも" 行ったことの無い場所 "が広がりゆく世界が続いていた。

細い路地を歩き,探り-------。

スっと水がしたたる路地を抜けると,

" 知ってるスーパーの前 "に出てしまう。

そこには,途方もなく残念そうにする自分がいたのだ。

2014515b4.jpg

" 続きを見たい "

続きは大人にしか見れない矛盾。

子どもの頃には行動できる範囲が決まっていて,

なのにも関わらず,その範囲を最大限に活かし冒険できる。


そして,大人になっても尚,冒険心と童心を忘れないものだけが,冒険を続けることが出来る。

はたまた,貴重なトキメキを抱えて前進していけるのだ。

貴重なトキメキ…これは行動の糧になったり,生活の糧であったり,

瞬発的なモチベーションであったり,様々な感情になり得る貴重な価値である。


そんなことを今日は考えていました。

それでは,今日も" 良き1日 "を。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック