HOME > スポンサー広告 > title - 食品成分表の脂質ばかりにとらわれてはいけない!! [ トレOFF日 ]HOME > 筋トレOFF日記 > title - 食品成分表の脂質ばかりにとらわれてはいけない!! [ トレOFF日 ]
2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食品成分表の脂質ばかりにとらわれてはいけない!! [ トレOFF日 ]

kage

2013/04/03 (Wed)

0402a.jpg

今日はトレーニングOFF日です。

昨日はホームジムの整理整頓をしましたが,今日は自分の部屋の整理整頓をしました(^o^)/

4月という意味でも新しい空気を取り入れたつもりですw

さて,今日は食事メニューと脂質のお話を。

■ 今日の食事メニュー

昼: プロテイン

昼: 即効元気

夜: うどん+カツ丼

夜: プロテイン

夜: 家の近くの食堂で食事~^^

0402.jpg

深夜: 温玉山かけそば( ローソン )+ブルガリアヨーグルトブルーベリー

寝る前: プロテイン


以上。

今日はいつもよりも食事出来なかった気がします。





■ 動物と魚の脂肪

さて,脂質のお話。

脂質と言えば,たんぱく質,炭水化物に並ぶ三大栄養素である。

食品の成分表というのは,たんぱく質が1gに対し4kcalに対し,

脂質は1gが9kcalで換算されている。


だが,成分表の脂質の文字だけを見ていては,これからの夏に,

減量やダイエットなどに苦労することになる。

ただ,単に脂質の少ないものを選べば良いというわけでは無いからだ。



例えば,食事で牛や豚から調理されているものを選べば,

それらの脂質は血液に溶け込みにくく,身体に残りやすい。

しかし,魚の脂質ならばどうだろうか。

魚は人間に触れられただけで低温やけどをするという程,魚の身( 脂 )というのは繊細と言える。

sisitu.jpg



逆に牛や豚は,

人間に触れられても低温やけどどころか,分厚い脂肪で守られている。


aa0.jpg




こういったことからも,魚の脂を取り入れれば,

脂質とはいえど,血液に良く溶け込んでくれて血液がサラサラになるのだ。


よって,減量のパフォーマンスを発揮したい夏前に,

肉や豚をあまりガツガツ食べていては,どうやら成果を出すのに苦労しそうだ。


だからこそ減量やダイエットを始めたい時というのは,

脂質の無い鳥肉(ササミ,もも肉など)や,血液に良く溶け込んでくれる魚などが良く好まれる。



あと「 ナッツ 」というのは脂質が多く含まれているが,

メタボリック症候群の危険を減らすことが出来るみたいだ。

プロのボディビルダーなどが食事にナッツを取り入れていることが多い。




■ 余談(^o^)/

余談だが,寝る前のプロテインは良いとされるが,

皆さんは何とシェイクしているだろうか。

知っている方がほとんどだが,意識するために改めてお話ししたい。



シェイク時に「 水 」と混ぜれば吸収率は高く,ゴールデンタイムなどに,

ダイレクトに身体に届けてくれる。


シェイク時に「 牛乳 」と混ぜれば,吸収率は遅くなり,

寝ている間などに,ゆっくりとプロテインの栄養が吸収が出来る。


水とシェイクしたプロテインに,

オリーブオイルを垂らすこともまた,吸収率を遅くさせることが出来るようだ。

吸収を遅らせることにより,

寝ていても胃が完全に空いた状態になりにくく,

時間をかけて吸収されることで,無駄なく身体に栄養を取り入れることが可能になるようだ。




人間の身体は思った以上にシンプルで,ややこしくもある。

ふとした気付きが自分を変えることもあるのかもしれない。



souichi




なお,牛と魚のフリー写真は,
このサイトからお借りしました(^o^)♪
↓  ↓  ↓
http://www.ashinari.com/


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。