HOME > スポンサー広告 > title - オーバーワークを歓迎するHOME > BIG3 筋トレ日記( 背中の日 ) > title - オーバーワークを歓迎する
2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーバーワークを歓迎する

kage

2014/06/19 (Thu)



6/18のトレーニングは背中の日トレーニングでした。

この日の筋肉痛は,脚全般的に筋肉痛で大腿四頭筋ガクブル状態。

更に脚の日に行った肩のリアトレーニングがガッツリ入ってくれて,肩後部がマックスに筋肉痛です。

ここ最近雨上がりで寒かったのですが,この日から外は完全に晴天で,

日焼けが余裕で出来るレベル。

今年はどうしようかと思っているのですが,アップしたいものが多すぎてw

今のところタンニングはできない状態です。

それでは,背中トレーニングメニューから綴ります。





■ 背中トレーニング


トップサイドデッドリフト =10SET
150Kg x10 x7
140Kg x7 x6
130Kg x6 x6
120Kg x10 x10
110Kg x10 x9

合戸式デッドリフト =4SET
100Kg x9 x9 x9 x8

やってみた感想としては,まだフォームが甘いのかシュラッグっぽくなって,
負荷が全て僧帽筋にのっちゃう感じです。
シュラッグ自体最近やってないので良しなのですが。
次回もやってみます。

ワンハンドロー =LR3SETずつ
15Kg x(L17,R17) x(L16,R16) x(L16,R16)

ワイドチンニング =3SET
自重 x10 x7 x7
ナローチンニング =3SET
自重 x7 x7 x6

チンニング種目は限界時にネガティブのみ+5回。

バーベルカーフレイズ =6SET
60Kg x22 x12
55Kg x12 x11
50Kg x11 x10

カーフ筋肉痛治ってたので実施。


以上です。

体重は58Kgジャストで,トレーニング強度は自分なりに高めなのでウォーキングは無しです。

続いて,食事メニュー。


■ 食事メニュー


卵2個かけ納豆ごはん+牛乳+ビタミン&ミネラル1粒

20140618a1.jpg

カゼインプロテイン25g

カゼインプロテイン25g

サバ水煮缶

20140618a2.jpg



卵2個かけごはん+納豆+ビタミン&ミネラル1粒

今回はいつもよりも遅い時間に炭水化物。

この日はお昼前まで起きていたので,気にせず食べました。

本来なら寝る時間に近づく程,炭水化物は控えていくイメージを持っています。

20140618a3.jpg

鶏胸肉ボイル(塩コショウ,カレーパウダー,ゴマ油)

20140618b2.jpg

寝る前のカゼインプロテイン30g


以上です。

それでは何気ない世間話を綴りモス。



■ オーバーワークを歓迎する


ここ最近,筋肉痛が無い状態に満足しないSRです。

そんな感覚を持ちながらも,体のどこかしらをイジメていると,筋肉痛になるわけですが,

筋肉痛になると,僕の場合極端に体温が上がりやすい?ように感じています。

体温が上がると血管も浮きやすくなるので,常に前腕の血管をチェックしながら,

体の張り具合などを観察して楽しんでいます。


また,トレーニングを仕事前にシフトしたことにより,

トレーニング頻度の向上にもつながりつつあります。

トレーニング頻度の向上に繋がると同時に,睡眠不足の日などは,

中々ハードな負荷が体全体に掛かります。


特に睡眠時間2時間などの睡眠不足になると,

レップ数なども忘れがちになり,少しオーバーワークのような感覚も得るわけですが,

これも僕の解釈からすると,解決策は全てメンタルの問題なんです。


つまり,筋肉痛や疲労を好めばあとは仕事面で得る内容の問題になってくるのだと考えます。

なので常に筋肉痛や疲労を好むための" 促す何か "を自分の中で留めとかなければいけません。

促す何かとは本当人それぞれにあるわけです。

促す何かとは、おおよそが" 楽しみ/ワクワク "であることだと思います。

ゲーム、

映画鑑賞、

旅行、

友人と外食、

恋、

その他の趣味、

それらを想像し,今抱える重たいダメージを喜びに転換するんです。

そう考えることが出来れば,トレーニング自体のダメージは苦ではなくなります。

あとは仕事面で左右されるのだと思っています。


トレーニングダメージの影響から確かに仕事で得るダメージは膨らみやすいですが,

そこも極力「 疲れの影響からマイナス思考になっている自分を打破する 」ということを頭に置けば,

なんとかかんとか楽しめるものです。

常に忘れてはなりません。

マイナス思考になった時というのは,絶対に何かしら積まれたダメージが影響しています。


ダメージに支配され、疲労に操られることなく自分を保つんです。


僕の場合,爆発的にノリよく仕事をするよう、心がけています。

それでも,やはりどうしようもなくドっと疲れる時ってあるんですよね。

そんな時は無糖コーヒーをゴクゴクのんで「 やっぱコレだわ!! 」と自分を促すんですw


「 なんなんだコイツ…。 」

そう思われても、声に出して言います。

「 やっぱコレだわ! 」


そうしてオーバーワークのような感覚を楽しんでいると,

次に襲ってくるのは食欲を無くすということです。

これに関しては,僕の場合睡眠不足だからということが1番関わっているのですが,

ここで食べなければ" 本格的なオーバーワーク "になりかねません。

つまり,体を治す材料が無い状態,

フラットな感覚/状態を治す手立てがない状態になるわけです。


だからこそ,無理やりでも食べます。

僕の場合、現在では1日たんぱく質160g~180gを意識。

トレーニング頻度が高い時は炭水化物を多めに摂取。

本当、生野菜を摂れば自分の中では上出来なのですが,

そこに関しての日常を変えるのにてこづっています。


そんなわけで,疲労している時は無理やりでも良いから食べる!ということをしています。

この記事にある鶏胸肉ボイルなんて寝る1時間前に無理やり食べています。

押し込んでいますw

その後に続くカゼインも胸肉を食べた40分後くらいに流し込み,

爆睡したんですw


すると寝ている間に食材が回復促してくれるものです。

( 胃もたれするような食材などを覚えておくのは必須,僕の場合は寝る前の納豆はNG )


さて,今日はこのあたりで日誌を終わります。

夏はどれだけ凡人から抜きん出る生活ができるか?が鍵です。

それでは,今日も" 良き1日 "を。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。