HOME > スポンサー広告 > title - 奴の強さは自分のモチベーションを強く阻害している…!HOME > BIG3 筋トレ日記( 足の日 ) > title - 奴の強さは自分のモチベーションを強く阻害している…!
2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴の強さは自分のモチベーションを強く阻害している…!

kage

2014/07/10 (Thu)



7/9(水)のトレーニングは脚の日トレーニングでした。

この日の筋肉痛は,大胸筋周辺に腹筋に良い感じの筋疲労を得ることが出来ています。

ベンチプレス20SETの時の筋疲労と比べればかなりマシなので物足りない感がありますがw

関連>> テーマ「 想えば村、求めれば都 」

最近では勤務終わりにだけ雨が降るという,雨男の能力が発揮されています。

夏なので,気持ち良いんですけどね。

元々,僕は旅行の時にだけ台風が直撃してしまう台風男だと自分で思っていたのですが,

ここ最近はもうそういった" 雨男/晴れ男 "といった意識をすることが無くなりました。

今は" 張れ男 "それで十分です。


それでは,脚トレーニングメニューから書いていきます。


■ 脚トレーニングの日


フルボトムスクワット =5SET
90Kg x8
70Kg x13 x10 x9 x7

インターバル多めのまったりトレーニング。
この日は,サボりたいのか休みたいのかの判断が難しい疲労感だったので,
とりあえずトレーニング着に着替えてしゃがんでみることに。
その結果FMラジオ聞きながらのまったりトレになりましたw

レッグEX =10SET
57.5Kg x16 x13
55Kg x13 x12
50Kg x10 x10
45Kg x14 x12 x11 x10


勤務終わりにナロースクワット入れようとしましたが,
脚が【 (#^ω^)ピキピキ 】っていってたので辞めてあげました。


レッグカール =3SET
20Kg x16 x8 x6

カーフレイズ =LR4SETずつ

片足ずつ。自重で30レップス~15レップス程。


以上です。

続いて食事メニュー。


■ 食事メニュー



▼昼

白ごはん+サバ水煮缶+スクランブルエッグ(卵2つ入り)+ビタミン&ミネラル1粒

20140709a2.jpg

540ソイプロテイン25g

540ソイプロテイン30g+フィッシュオイル1粒

20140709a3.jpg

▼夜

白おにぎり1個

540ソイプロテイン25gオレンジ割り

540ソイプロテイン25gオレンジ割り

▼深夜

鶏胸肉たたきポンズ

20140709a4.jpg

調整豆乳200ml

寝る前の540ソイプロテイン30g+フィッシュオイル1粒



以上です。

それではこの日の気づきを書きます。


■ 奴の強さは自分のモチベーションを強く阻害している…!


強者を目の前にすると自分がちっぽけに見えてくるものだ。

強者は弱者を強くもするが、逆に弱者は強者の気迫や威圧に押されてしまう場合が多い。

弱者は弱者であるがために、強者の気迫や威圧に耐え切れず、

居心地の良い強者のいない場所へと逃げ帰ってしまう。


強者とは自分が対象に対し威圧、気迫、憧れを感じた瞬間から生まれる称号である。


例えば、自分がトライする重量も物ではあるが" 強者 "と言える。

重いウエイトがジムで待っていると少し憂鬱になってしまうのはありがちな話。

なぜなら,その対象(ウエイト)が強者であるが故に気持ちが負けてしまうのだ。


" 重ければ重い程憧れてしまう重量 "に関してもそうだが,

この世のありとあらゆる憧れは強者になり得る。


体が弱く細くても、歌やダンスが超絶に上手ければ強者である。

何もできない奴でもイケメンというだけで憧れを抱ける強者である。

ため息が出る程の美女も強者であるが故に,その美しさに押され負けてしまう。

人が持つ" 得意 "は強者の象徴。


その象徴を見て「自分が弱者である」と感じてしまう瞬間は人それぞれにあるが,

弱者が弱者でいないためには行動しなければならない。


弱者を卒業するための行動。

それは、諦めないハートを持ちながらも" 強者の傍にいること "にある。

ウエイトに恐れて,「今日のトレーニングが嫌だ」というのなら,

そのウエイトよりも軽い重量で練習すれば良い。

関節が痛い場合にも同様に関節の痛くない可動域、関節の痛くない重量にすれば良い。

いずれも強者の傍にいるという意味に当てはまる。


弱者でも逃げなければ弱者ではなくなる。

自らが強者になるには逃げない姿勢こそ最も必要なものである。


今日はそんなことを考えてました(^O^)

それでは今日も" 良き1日 "を。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。