HOME > スポンサー広告 > title - 限界のラインは興味によって広がるんじゃないのんって話HOME > BIG3 筋トレ日記( 胸の日 ) > title - 限界のラインは興味によって広がるんじゃないのんって話
2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限界のラインは興味によって広がるんじゃないのんって話

kage

2014/07/15 (Tue)



7/14(月)のトレーニングは胸の日トレーニングでした。

この日の筋肉痛は背中全般的に良い感じの筋疲労を背負い,ハムにも程よく筋疲労が残っていました。

2日前程に痛めた手首は順調に回復に向かっています。

この日時点での痛みであれば,気にせずにベンチプレスにトライしていけそうです。

それでは,胸トレーニングメニューから書いていきます。




■ 胸の日トレーニング


ベンチプレス =10SET
95Kg x6 x3
80Kg x12 x10 x8
70kg x14 x10 x9 x9 x9

各セット前回の記録を上まわるよう頑張りました。
95Kgの記録は同じですが,
ラックに戻す時には余力をもてていたので自分なりに手ごたえはありました。
この日はベンチプレス20SETで終える予定だったのですが,
寝坊してしまい,10SET分しかできなかったです。


勤務~帰宅後。

スカルクラッシャー =5SET
30Kg x17 x12 x10 x10 x10

久々のスカルクラッシャー。30Kgが思った以上に軽く持てました。

ディップス =5SET
自重 x21 x15 x15 x12 x12

バーベルカーフレイズ =5SET

レップ数は22~12あたり。

ドラゴンフラッグ =5SET
自重 x16 x7 x7 x6 x5

ハンギングレッグレイズ(ツイスト) =3SET

集中力切れかかっていたのでレップ数曖昧。


以上です。

続いて食事メニュー。


■ 食事メニュー


▼昼

白ごはん+サバ水煮缶+スクランブルエッグ(卵2個分)+ビタミン&ミネラル1粒

この日からやっと卵2個かけ納豆ごはんへの憎悪が消えてきました…!

でも食事一発目サバ水煮缶がしっくりきます。

白ごはんと食べれるから美味しいんです。

20140714a4.jpg

トレ後の540ソイプロテイン+オートミール80gミキサー。

20140714a1.jpg

▼夜

540ソイプロテイン50g+オートミール120gをミキサー。

勤務中休憩時間に分けて飲みます。

フィッシュオイル1粒


▼深夜

トレ後の540ソイプロテイン25g

鶏胸肉ボイル(塩コショウ,ゴマ油,カレーパウダー)+ビタミン&ミネラル1粒

20140714a3.jpg

寝る前の540ソイプロテイン40g+フィッシュオイル1粒



以上です。

それではこの日の気づきを書きます。


■ 限界のラインは興味によって広がるんじゃないのんって話


自分が【限界】と思った時点から,自分の中で限界を迎えるのは確かでしょう。

【   限界   】という思い込みが更なる限界を誘い、

もう少し向こうにあったハズの限界の境界線を,より早く自分の近くに引き寄せてしまうんです。


限界と思えば思う程,メンタルが切羽詰まるものなので仕方ありません。

【もうダメだ俺…】と自分が思える境界線は,

言い換えれば【もういいだろう…】と満足してしまうラインのようなものです。


トレーニングで例えるなら,

多くの人は限界を迎えずに,まだできるハズのレップ数を諦めてしまいます。

その先に未知なる1回/刺激が待っているのに,

いいところで" もういいだろう "といった風に諦めるんです。

だからこそトレーニングメモというのは必須と言えたりします。


トレーニングを初めに何でも言えることですが,

【自分が持つ限界のライン】というのが非常にシビアなラインになっていて,

「限界を求めすぎれば支障が出てしまう!」という考えから自分の限界のラインをセーブしている人は多いです。


良い場合に言い換えれば自己管理を成すためともいえるし,

悪い場合に言い換えれば,その言葉に甘えて「楽したいだけ」ともいえるので,

本当に非常にシビアなラインなんです。


この自分が持つ限界のラインというのは,あとは興味の問題になってくるのだと考えます。

つまり" 自分が興味を持たないもの "程,限界を早く迎える傾向が強いのです。

20140714a5a.jpg

分かりやすい例えで言えば,

まったく野球に興味の無い青年が炎天下の下で野球をしていたとします。


彼は野球にすら興味が無いのに,更に炎天下であるために野球に,もううんざりしていました。

そこに丁度同級生の女子勢が野球を見学にきました。

すると彼は炎天下であることを忘れ見違えるように野球に熱心になり,

自分の中で限界を迎えかけていたはずの限界のラインを超越し,輝きを取り戻したのです。


この場合【野球で何か良いところを女子に魅せること/未来の想像】,

その興味により,好きでもない野球でアイディアを練りだし何か切っ掛けを探す努力に努めたんです。


まあ、この例えでは「ただの女好きじゃないか!」と思えるかもしれないですが。笑

限界というのは【この先を知りたい】という興味を持つことによって,

楽しく限界を超えてゆけることが出来るのだと考えていたのでした。


何かしらの自分の中の限界のラインを超越したければ,

【この先を知りたい】という興味に【なぜなのか?】理由をいくつも作るといいかもしれませんね。

将来の想像~今日の想像、妄想、興味を濃く出来ればなんでも良いと思います。



それでは,今日はここまでです。

今日も" 良き1日 "を。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。