HOME > BIG3 筋トレ日記( 背中の日 ) > title - 背中トレーニング、ダブスプ日誌
2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

背中トレーニング、ダブスプ日誌

kage

2014/07/25 (Fri)



7/23(水)のトレーニングは背中トレーニングの日でした。

この日の筋肉痛は,脚全般的を初めに肩に若干の筋肉痛が駆け巡っていました。

そしてこの日は中々寝れなくて,

最近自分の中で流行っていた" 毛布ではなく固い床で寝る "という荒業を使っても寝れず,

起きなければいけない2時間前に無事グッスリ寝る事ができました。

そのお蔭様で,壮大に寝坊を果たし,

残り30分程しか余裕がない最中,トレーニングを実行ズ。

というわけで,この日のトレーニングメニューを書いていきます。




■ 背中トレーニングの日


トップサイドデッドリフト =5SET
120Kg x13 x10 x7
110Kg x10 x10

寝起きで全然握力に力はいらずの,
ストラップフィットせずで130Kgが激オモ、120Kgに変更して追い込みました。
この場合,記録更新は諦めて全力を尽くし,
その後の種目のための予備疲労として割り切ります。

ワンハンドロー =LR3SETずつ
20Kg x(L25,R25) x(L17,R17) x(L12,R12)

最近鬼ハマっている種目ワンローです。
インクラインベンチを使用しています。
一歩深く踏み込み,大円筋のみで引くイメージ。
パワーグリップ有り。

ハンギングレッグレイズ =3SET
自重 x30 x17 x13



以上です。

勤務後~深夜にダブルスプリット。

一回パソコンの前に座ってメンタル撃沈しかけました。

しかし、その境地から,

なんとかかんとか重い体引きづり…、

「 ワンローすんぞ…ワンローすんぞ…ワンワン 」

と言い聞かせながらホームジムに帰還。

関連>> 俺になら出来る。俺だからこそやれる…!


さっそく念願のワンローを。

ワンハンドロー =LR3SETずつ
20Kg x(L19,R19) x(L14,R14) x(L14,R14)

お蔭様でメンタル温まりました。ありがとワンロー。
求めていたよワンロ~~~~~!!!(深夜2時半すぎ)
愛してるぜワンロー。

ベントオーバーロー =3SET
50Kg x13 x11 x10

握力疲れ果てていたのでパワーグリップ有り。

チンニング =3SET
自重 x12 x11 x7

最後の追い込み無し。

ナローチンニング =3SET
自重 x11 x9 x7

最後の追い込み無し。

インクラインリアレイズ =LR5SETずつ
10Kg x(L13,R13) x(L11,R11)

10Kgは僕にとって重すぎるので半分の可動域で。

5Kg x(L11,R11) x(L8,R8) x(L6,R6)

合戸式デッドリフト =5SET
100Kg x10 x9 x8 x8 x6

ほぼシュラッグみたいになってしまいました。


ジョグ前に540ソイプロテイン40g

スロージョグ

くたくたです。途中何度か歩キングw

20140723a4.jpg


以上です。撃沈。

しかし、この撃沈に僕の充実があるんです。

嗚呼、恋しきダメージ。


続いて食事メニュー。


■ 食事メニュー


寝坊により,早急に540ソイプロテイン40g

トレ後のオートミール60g+540ソイプ25gミキサー。

フィッシュオイル1粒。


勤務時、あらかじめ持参しておいた,

ミキサーセットが割れるという珍事件。


おほ(;; ; ^ ;; ;ω ; ; ;^ ; )


臨時持ちの540ソイプ25g

鶏胸肉のたたき+まぐろ中落ち

20140723a3.jpg


トレ中の540ソイプ25g

トレ後のオートミール60g+スクランブルエッグ(卵3つ分)+フィッシュオイル1粒

20140723a2.jpg

サバ水煮缶


以上です。


最近では,アンダーアーマー⇒タンク⇒裸のローテーションで,

服装にも変化を与えて促しています。

裸はもはや" 服装 "ではありませんが…w

そんなわけで,今回はこの記事トレとは別の日のものを。

トレーニングにより夏の自分を促し、

トレーニングにより救われ、

トレーニングにより突き進む。

tw-i1.jpg

それでは今日も" 良き1日 "を。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック