HOME > スポンサー広告 > title - 時としてその練習重量を諦めるのも必要であろうって話HOME > 筋トレ日記( 肩の日 ) > title - 時としてその練習重量を諦めるのも必要であろうって話
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時としてその練習重量を諦めるのも必要であろうって話

kage

2014/07/28 (Mon)



7/27(日)のトレーニングは肩トレの日でした。

この日はいつになく筋疲労がハンパなく「サボりたい」ではなく,

筋疲労からくる疲労がドッシリと感じたのでOFFにしようかと思っていたんです。

しかし,前回フルOFFにしたことで仕事で疲労倍返しに直撃してしまったので,

軽く体を動かすことにしておきました。

関連>> トレ頻度高い状態で急にトレフルOFFると反動ハンパないんですけどって話


ということでディップス~腕立て~などを行う予定だったのですが,

まずはウォーキング15分から開始しました。



■ 肩トレーニングの日


すると体やメンタルが温まってきたので,

残り15分しかなかったのですがバーベルショルダープレスを開始。


バーベルショルダープレス(シーテッド) =5SET
27.5Kg x19 x11 x10 x8 x8



ひとまず終了し,勤務~。

帰宅後,結構メンタルがバテぎみでしたがサイドレイズを素振りしていると,

なんだか無償にやらねばならぬ使命感にかられトレ開始することにw


ダンベルサイドレイズ =4SET
LR2.5Kg x27 x26 x25 x21

いつもよりも更に軽めです。超ストリクト意識。

インクラインサイドレイズ =LR5SETずつ
10Kg x(L16,R16) x(L15,R15)

半分の可動域で、これは試行錯誤で試したのですが,
次回はパスします。次回はサイドレイズ重めでトライ。

2.5Kg x(L10,R10) x(L9,R9) x(L6,R6)

インクラインリアレイズ =3SET
鉄アレイ4Kg x(L15,R15) x(L12,R12) x(L7,R7)


以上です。

次回の肩の日は,重めショルダープレス~いつも通り、

重めサイドレイズ~いつも通りの流れで試したいと思います。

それでは続いて食事メニュー。


■ 食事メニュー


▼昼
オートミール60g+540ソイプ25gミキサー

ビタミン&ミネラル1粒+フィッシュオイル1粒


▼夜
オートミール120g+540ソイプ50gミキサーを分けて摂取。


▼深夜
トレ前の540ソイプ25g

ささみボイル(塩コショウ,ゴマ油,味ぽん)小量+スクランブルエッグ(卵3つ入り)

20140727a3.jpg

ささみボイル(少量)

▼朝

サバ水煮缶

20140727a4.jpg

寝る前の540ソイプ25g


以上です。

それではこの日の気づきを書いていきます。


■ 時としてその練習重量を諦めるのも必要であろうって話


この日の前日のチートデイでは友人のBIG3更新を手伝うことになっていました。

関連>> ガツガツいくぜ!チートデイ!


その日,友人の記録としては,

ベンチプレスが45Kgx5 ⇒ 50Kgx3

を更新することが出来たので更にモチベーションが高まったみたいです。


この友人は家でダンベルやフラットベンチなども購入して地道に努力を積み重ねてますし,

上級者最初の壁60Kgを突破できるか?というのも見守っていきたい気持ちです。


60Kgと言えば,スポーツジムでは20Kgプレートを2枚一気に装着できるという,

プレートへの憧れもあるので,色んな意味で60Kgというのは目に着きやすいものなのです。


その後,その友人はデッドリフトやスクワットを行いました。

その中でも,特にデッドに関しては背中が重量に負け,

極端に丸くなっていたので中断し,記録は更新できずだったんです。


実際に友人は2週間前は床引きでデッド100Kgを上げていたのですが,

この日は50Kgでも「やっと」と言った感じ。


逆に言えば,100Kgのポテンシャルを持ちつつも,

50Kgで十分に体が反応出来ているとも言えるので焦って欲しくない気持ちです。


友人は記録が極端に下がったことに落ち込んでいましたが,

フォームが重量に負ける、もしくは重量によって関節が痛むのなら大人しくその重量を諦めるのが良いのです。



なぜだろう?と、落ち込んでいても仕方ありませんからね。


また記録更新という意味では,

次回に挑戦するとして「練習は焦らずにするべきだ」とフォローしておきました。


いやはや、こういった風に重量と会話するのは楽しいものです。


僕も疲れている時などは,ウエイトへのこだわりを捨てて体が反応しやすい重量に変えます。

それが,自分にとって,その日のトレーニングを充実させるための手段だからです。


それでは今日はここまでです。

今日も" 良き1日 "を。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。