HOME > BIG3 筋トレ日記( 背中の日 ) > title - 他人と比べて自分に浸ってる?それとも落ち込んでる?おいおい、それより後ろ並んでるぜ、早く進もうぜ!
2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

他人と比べて自分に浸ってる?それとも落ち込んでる?おいおい、それより後ろ並んでるぜ、早く進もうぜ!

kage

2014/08/29 (Fri)



8/28(木)のトレーニングは背中の日トレーニングでした。

この日の筋肉痛は,脚全般に,大胸筋周辺に良い感じの筋疲労を抱えておりますた。

今回の背中トレーニングはチンニングを初めに持って来ず,

トップサイドデッドから失礼しちゃいました。

結果的に言えば,う~ん若干チンニングメインの方が良いのかもしれんです。

次回をチンニングメインにして再び様子を見てみます。

それではこの日のトレーニングメニューを書いていきます。




■ 背中/二頭筋トレーニング


トップサイドデッドリフト =11SET
120Kg x13
130Kg x10 x6 x6
125Kg x7 x6
120Kg x11 x7
110Kg x8 x8 x7

ワンハンドロウ =LR4SETずつ
30Kg x(L18,R18) x(L14,R14) x(L12,R12) x(L12,R12)

ワンハンドロー40Kgと思ってやっていたのでショック計り知れません!!!
2周目あたりにワンハンドローを自分なりにおもいっきり重くしてみてメインでやってみようと思っています。
次回はチンニングメインな気分なので。

ドリアンロー =5SET

ナローチンニング =4SET

シーテッドリアレイズ =6SET
LR20Kg x16 x15 x14
LR15Kg x15 - -

- ←これレップメモ曖昧/忘れです。

プリーチャーカール =4SET
12.5Kg ⇒21レップス法。

スタンディングWバーカール =4SET
12.5Kg ⇒21レップス法。

Wバーリバースカール =4SET
12.5Kg x11 x10 x9 x8

ハンマーカール =4SET
LR15Kg x14 x12 x7 x5

サイドレイズ =6SET
LR15Kg x21 x13 x12
LR10Kg x16 x16 x12

最近サイドレイズ重いのに慣れたのか負荷よくのってくれるクセに,
肩の筋肉痛が甘い。ちょっと色々と変化考えねばならんです。

ハンギングレッグレイズ =3SET+α
レップメモ曖昧。ツイストなどもチマチマと。


以上です。

続いて食事メニュー。


■ 食事メニュー


540ソイプロテイン40g+ブロッコリーミキサー+フィッシュオイル1粒

サバ水煮缶+スクランブルエッグ(卵3つ)+ブロッコリー

20140828a2.jpg

540ソイプロテイン40g

540ソイプロテイン40g+フィッシュオイル1粒

▼朝方

トレ前のオートミール60g+540ソイプロテイン25g+ブロッコリーミキサー。

二頭筋入る前の540ソイプロテイン40g

トレ後のスクランブルエッグ(卵2つ)+鶏胸肉ボイル(塩コショウ,醤油,ごま油)

20140828a3.jpg

寝る前の540ソイプロテイン25g+フィッシュオイル1粒


以上です。






■ 他人と比べて自分に浸ってる?それとも落ち込んでる?おいおい、それより後ろ並んでるぜ、早く進もうぜ!


このブログではしつこく言うのですが,僕は全身の中でも特に脚が弱いです。

滅多に見えないカ所だし、そこまで焦る必要はない,

脚は焦らず鍛えなければいけない!そう思ってましたし,そう書いてきました。

しかし憧れを抱けば早く憧れに近いバランスになりたい!って思えてくるのも事実です。


特に僕はAlon Gabbayさんに超絶に憧れを抱いているので,

彼を見ているうえでは脚は必須である、焦る、否、イジメぬかねばいけないって思えてくるのです。

Alon Gabbayさんほんと脚の魅せ方カッコよすぎるんですよ!!

どうしてくれるんですかね、脚すごくなりたい!って思っちゃってるじゃないですか。僕。
(以前までは今程は思わなかった)

スクワットのPVとか毎日に近いくらい見てる時期があったくらいですよ。


凄いとか以前にですよ、

魅せ方やトレーニングセンスの良さを感じるというか…。


おっと、熱くなってしまいました。

まあ、ほんんと憧れます。


弱点部位は焦らず鍛える。そのスタンスは僕の中では変わりません。

焦る=比べる

ということにも捉えることが出来るので,そういった意味で弱点部位は焦らないべきであるからです。


比べる!って言ったらヤラシイ話ですが,

やっぱりどことなく、自分に近い実力者を探して比べてしまうこともあると思うんです。

反対に自分以上の人を見て比べてしまってその差に焦ることもあると思うんです。


頑張っていれば自分より凄くない人がいて当たりまえだし、

頑張っているからこそ上が目につくのは当たり前です。


そして自分より凄くない人を見るよりも自分より凄い人を見るクセをつけた方が圧倒的に良いです。

それはネットでもリアルでも同じ。

同じトレーニーに自慢して浸らずに上を見るのです。

すると自分の実力以下と思える人にも良い影響/目標になるのではないかと思います。


また,

中々結果が出ないと焦ってしまっているのなら,

それは結果が出ないことを継続しているからであるのだということを忘れてはなりません。



一方で,試行錯誤努力の割りに成果に繋がらないと思っているのならこう考えます。

もしも今現在の努力で誰よりも凄くなれているのなら,

肉体改造の価値自体が薄くなり,凄い人だらけになってしまっている。


この世界、そんなに簡単じゃ困るでしょうに。って話ですw

だからこそ、焦らず、停滞には変化!を意識しながら確実に前進していきます。

それでは今日はここまでです。


今日も" 良き1日 "を。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック