HOME > スポンサー広告 > title - その筋肉、どう使おうがトレーニーの勝手じゃないのHOME > BIG3 筋トレ日記( 足の日 ) > title - その筋肉、どう使おうがトレーニーの勝手じゃないの
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その筋肉、どう使おうがトレーニーの勝手じゃないの

kage

2014/09/18 (Thu)



9/17(水)のトレーニングは脚の日トレーニングでした。

この日の筋肉痛は背中を全般的に最高のダメージを抱えております。

さて,最近の脚の日トレーニングはレップ更新分の重量を済ませて,

大腿四頭筋狙いに特化したしゃがみを重ねるメニューにしています。

テンポよくハーフでしゃがみ倒す!ような感じです。

それではこの日のトレーニングメニューから書いていきます。




■ 脚の日トレーニング


ワイドスタンススクワット(フル) =3SET
95Kg x7
90Kg x5 x4

ナロースタンススクワット(ハーフ) =8SET
70Kg x10 x9 x7
60Kg x12 x8 x7
50Kg x14 x10

ナローに関してはスクワットパッド有りです
理由は安定的にテンポよくしゃがめる
尚且つ脚への集中力が増せるのでつけてます

シシースクワットもどき =4SET
自重 x14 x11 x11 x8

完全に倒すのではなく,膝に影響がでない程度に、
そして体も必要上に倒さないので念のための" もどき表記 "


深夜トレ。ダブルスプリット。


レッグEX =7SET
40Kg x17 x13 x11 x10 x10 x10 x6

既に崩壊的だったので軽めスタート
崩壊的なのになぜレッグEXをするのかと言えば,
大腿四頭の頭の方の発達Yの字づくりはレッグEXで差し込まねばいかぬからです

レッグEX(片方ずつ) =LR4SETずつ
20Kg x(L13,R13) x(L12,R12) x(L11,R11) x(L10,R10)

レッグカール =9SET
20Kg x19 x11 x9
15Kg x17 x8 x6
10Kg x17 x10 x9

グッドモーニング =4SET
40Kg x12 x9 x8 x7


以上です。

カーフは前日のカーフトレの影響が出てくれて筋肉痛でパスしました。

案の定、翌日いい感じのカーフダメージ獲得。



続いて食事メニュー。


■ 食事メニュー


540ソイ26g+オートミール60g+ブロッコリーミキサードリンク

食パン2枚(ピーナッツバター)+生ハム2枚+牛乳200ml+フィッシュオイル1粒

20140917a2.jpg

オートミール60g+540ソイ26g+アーモンド15粒ミキサードリンク

オートミール60g+540ソイ26g+ブロッコリー+アーモンド15粒ミキサードリンク

サバ水煮缶+スクランブルエッグ(卵3つ分)

鶏胸肉ボイル(塩コショウ,ゴマ油,味ぽん)+ブロッコリー

20140917a3.jpg

寝る前の540ソイ26g


途中起床時に540ソイ26g+フィッシュオイル1粒

以上です。



■ その筋肉、どう使おうがトレーニーの勝手じゃないの




名が広まっていない芸人さんに会ったのです。

その方は筋肉を売りに芸をなさる方なのですが,

相方は決まり文句のように「こいつ、見せかけだけなんで!腕相撲とかめっちゃ弱いんすよ!」


芸人で芸を売りにするので仕方ありません。

相方をイジることも、

そこから話を広げるためのタネにすることも、

本人らの自由なのですから。




筋肉で笑いを取りに行くという考え方が好きではありません。


そもそも僕の場合お面を被って動画出してますが

" 筋肉で笑いを取りに行く "という考え方で動画をつくっておらず、

セブン仮面、鍛える、それらが直感的にイメージできたので

そうして動画つくっています。

色々なパターンの動画をつくっているので、

たまに笑いを狙っているのもありますが、

決して筋肉で笑いを取りに行く考えではありません。


なんで、

筋肉の話になるとすぐに中山筋にくんの例の芸をするのとか好きではありません。

その場では笑います。

^^;

こんな感じになってるかもしれませんがw

それに僕は絶対便乗しません。


それも人それぞれ、

自分の筋肉をどう使おうが本人の、

鍛え手サイドの勝手なんです。

自由なんです。


実際に中山筋にくんは凄い体してますし、

ファイティングロードにも関わったりしてるので、

トレーニーとして凄いのは確かだと僕は考えております。

目の前で見ると更にデカいのでしょう。

凄いのでしょう。


ただ、憧れに欠けちゃうのです。

凄いのに、憧れない。

どうしてもネタが先にに連想されて憧れに繋がらない。


筋肉を芸にすると肉体改造の旨みが最大限に発揮されないんです。

いえ、

否、僕の場合、です。


人それぞれの感性。

センス。

応用力。


僕の場合、合っていないというだけなのです。

芸にすることで肉体改造の旨みを発揮できる方もいるのです。


ところで、

以前に話していた筋トレに対して他者との温度差。

こういうとこにもあるんですよ(笑)


軽く軽く受け止めれば良いものの、

ついつい悪く思ってしまう自分がいる。

肉体改造、

真剣だからこそ。

自分の流儀を押し付けたい願望が生まれてしまう。

抑えつけても頑固な自分が顔をのぞかせるのです。


努力を芸にする

努力を見た目だけと言う

腕相撲で努力を無力にする



僕の考えとはミスマッチ。

全てが慣れの上で成っていくのですから。


努力を無力にするのは他者ではありません。

いつも自分です。


それでは" 良き1日 "を。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。