HOME > 筋トレOFF日記 > title - トレーニングメモ/履歴の管理は大事って話
2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

トレーニングメモ/履歴の管理は大事って話

kage

2016/08/05 (Fri)

20160805a2.jpg

こんにちわ。

さて,8月突入まっしぐらの中,前回の記事では

「 8月より毎日ブログ更新しよう! 」バリの勢いで,

「 ブログの時間をとるぞ! 」とひっそり宣言したのですが,

中々思うように行かずです、申し訳ない。

有言実行できていないモヤつきはありますが,

僕はとても順調に日々前進できています。

気づきと成長の毎日です。

というわけで,今回の記事は最近の気づき日記です。


さてさて、

" 忙しい "と自分を追い込むとやはり何もよくありません。

何事も整頓しようくらいの" 余裕 "を持たなければいけないのです。



■ トレーニングメモ/履歴の管理は大事って話


近々冒険記サイトでも熱く語ろうとしている内容なのですが,

トレーニング管理を改めてちゃんとしていこう!という話です。

関連記事筋トレの乱れは仕事の乱れ/仕事の乱れは筋トレの乱れ


近頃では僕の中で仕事の環境下,

とても大きな悩みと変化があったんですね。

忙しいこと自体幸せな事,

「 やることが常にある 」という事が幸せな事なのに,

その有難い気持ちを忘れて何か焦っていたんです。


路頭にさ迷っていました。


筋肉が成長する仕組みというのは,

トレーニングして筋肉を刺激し,

筋肉痛がおきて栄養と回復により筋肉がつくられます。


それと同じように,

人は悩み苦しみを乗り越えると更に強い心/価値がつくられるんですね。


トレーニングでの成長は器具と食事が必要ですが,

仕事での成長は意味合い、必要性を強くする切っ掛けが必要ですし,

仲間の声/現場の人の声(話)が重要です。


そんなこんな色んな悩みを抱える中,

僕は僕の中で「 キャパオーバー 」を向かえ、

仲間の声も忘れ,

仕事の管理も忘れかけていたのですね。


そしてそれは自分では気づく事ができない程度で

トレーニングにも響いていたんです。


というのも、

最近トレーニングメモの管理が" まったく "といっていいほど

「 できていなかった 」。


メモするとしても捨てる予定の封筒の裏とか…汗w

結局は無くして終わりです。

ブログにも記録できませんね、これじゃ。笑


トレーニングノートに書くにしても一年前みたいに部位別に書かず,

部位全て同じノートに綴り、日付も書かずに乱雑に書いていました。


ようは,

いきあたりばったりすぎるトレーニング生活していたんです。


この人生、" 記録 "程の宝はありませんよ。

" 記録を残す "というのは

自己満足するためでも、悦に浸るためでもありません。

【 次に生かすための切っ掛け 】になり得るのです。


何年後か先に自分のトレーニング履歴を見て

そのお陰で自信を取り戻すようなことがあるのかもしれません。

自分のトレーニング履歴を見て何か気づけるようなことがあるのかもしれません。


あるいは誰かしらに影響があるのかもしれません。


記録をとるという習慣は" 管理のトレーニング "にもなり得ます。

当たり前な話ですが仕事も趣味も" 管理 "ってものすごい命綱/柱なんですよ。


管理ができれば仕事も効率化できるようなアイディアが浮かびやすいです。


最近では僕の中でトレーニング/実践を消化できていても,

トレーニングメモを管理できていない状態に置かれているのは,

自分にとって思った以上に致命的だったのです。


トレーニングメモ/管理がブレていると,

仕事の管理業もブレる。

仕事の管理がブレているとトレーニングメモの管理も疎かになる。


原因を考えました。


それはやはり" 疲れ "からくる

「 まあいいや 」という気持ち。

疲れている理由が管理の疎かからくる" 非効率作業の疲れ "とも知らずに

更に疲れる悪循環。

意味合い、必要性が無ければ極力" 気力 "を保温しようとして" 楽 "に走る。

気力を保温してもどうせその気力の行き場もないのに" 楽 "に走る。

なんて凡人なのでしょうね。


解決するための策を考えました。


先ほど言っていた「 管理をしっかりすること 」に早く気づいていれば

まだ良かったのですが,

やはり人は行動することにおいて" 切っ掛け "を欲しがるものです。

贅沢ものですね。


僕の中での切っ掛けは仲間と上司との会話でした。

真っ向から本音を話して今現在置かれている状況の必要性、

意味合いの純度を高めることができたんですね。


映画プライベートライアンの名言(僕の中の)にもありますが,


愚痴や不安は上司に言う,

部下には一切愚痴と不安は言わない。


セリフの抜粋ではないですが,まさにコレですね。

ちなみに僕プライベートライアン7回くらいは見ています。笑


これらの状況から、1つ1つのキャパの管理まで考える余裕ができています。

この余裕は生産力を高めるための大事な余白ですね。

今では新しくトレーニングメモも購入済みです。

20160805a1.jpg


さてさて、記事冒頭でも関連づけましたが,冒険記を更新しています。

それでは本日はここまでです。

今日も" 良き1日 "を。


by カエレバ


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック