HOME > BIG3 筋トレ日記( 背中の日 ) > title - 予定を達成する確率をあげるために
2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

予定を達成する確率をあげるために

kage

2016/11/24 (Thu)

2016112512101982e.jpg

現在の筋肉痛は脚が強烈無慈悲,これに尽きます。

ここまでの"モノ"は久々です。

そして昨日のトレーニングは二頭の日として迎えました。

実のところ昨日は背中の日だったのですが,本日「背中の日」を歓迎したいと思っています。

それでは日記を書いていきます。




■前回の記事について

トレーニング内容追記済みです。

独り言を言う人は注意が必要です



■11/23 二頭トレーニングの日

20Kgバーベル100レップス
x55 x10 x10 x10 x10 x10 合計は5レップスオーバーの105。

ダンベルカール =6SET
LR10kg x22 x20 x16
LR7.5Kg x15 x13 x13
右左交互にカール,記載は右左合わせての合計回数です。

コンセントレーションカール =LR2SETずつ
7.5Kg x(10,10) x(10,10)

ハンギングレッグレイズ =3SET
超ハンキングレイズ =2SET

おもいっきり脚をあげるだけのオリジナルです。笑
効いてるか?は本日を過ごした後半あたりの筋肉痛具合で判断


■11/24 背中トレーニングの日

ラットプルダウン =10SET
40Kg x15 x8
35Kg x9 x9 x8 x8
30Kg x10 x9 x8 x6

ナローローイング =4SET
50Kg x10 x9 x9 x9

本当はハーフデッドリフトと肩後ろもしたかったのですが
急用できてしまったためトレーニング短縮しました。


~追記日記~

ハーフデッドをしなくても十分な背中の筋肉痛を得れました。
背中を寄せてはダメージ浸り倒し。


■予定を達成する確率をあげるために

筋トレの醍醐味は「自分が好きな時間にできる」というところにもあります。

(これに限っては特にホームトレーニーの特権ですね)

だからこそ朝起きして「確実に抑えておきたい予定カテゴリー」として置くこともできるものです。


とは言っても,朝起きというのは人それぞれ慣れ不慣れによって

集中できる具合=トレーニングパフォーマンスが変わってしまいますが

身体が朝起きに慣れてくれたとすれば結果を生める確率もあがります。


だからこそ僕は「朝起きに慣れる」試行錯誤をしているのですが,

スムーズに起きれても筋肉痛の具合が僕をよくサプライズしてくれます。

サプライズされた日には「嬉しくて,たまげて動けねェ」状態になっちゃうのですね。


そしてそれが昨日だったのですよ。

朝起きて「こ…これは…!!」って驚かされたものです。

動けないんですね。嬉しすぎて。笑


こうした風に「やはり予定が思った以上にいかない」のが面白味でもありますし,

応用効かせて予定を組み替えるのもまた楽しい。

自分が好きな時間にできますからね。


というわけで昨日は朝実施予定だった背中トレーニングを見送り

たまたま睡眠時間はいつもの半分だったため

昼は仮眠で見送り

ついにはトレーニングの予定を深夜空き時間組みにもっていっちゃったのです。


「深夜にトレーニング状態」というのは

ここ最近では「予定が入っていない日」ということで有難い時間でもあります。


「深夜こそ抑えておかねば、これがラストであり見送り=OFFになってしまう」


心ではそう思っているのに,やはり「時間を余している安心感」と極度の脚の筋疲労から

いつのまにか他の物事に集中力を傾ける切っ掛けが多くなってしまうのです。

(ブログ記事いじったり…笑)

そうしてついに朝方、狂気の実施。


見送り重ねての朝方トレーニングは少しメンタルに「勢い」がいりました。笑

そんな物語が昨日という1日だったのです。

やった矢先やはり「やってよかった」と思えたのでした。


さて,そんなこんなで

ホームジムにコーヒーメーカーを設置しました。

ひとまずはamazonで最安値で人気のものが職場にあったので貰ってきました。笑


201611251210209ce.jpg



来年は赤のバリスタコーヒーを狙っています。

美味いコーヒーが飲める+缶を毎日買うよりも遥かに安い、最高ですよ。




このコーヒーメーカーは豆もすれるやつなんですが,

僕は面倒なので粉になったモノを購入してます。笑


それでは本日も"良き1日"を。




関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック