HOME > 筋トレ日記( 胸の日 ) > title - 否定者をそばにおくな/胸肩三頭トレ!
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

否定者をそばにおくな/胸肩三頭トレ!

kage

2017/11/27 (Mon)

20171127113948c24.jpeg

現在の筋肉痛は脚全般、胸、三頭、肩に良い感じのダメージが泳いでいます。

さて、一昨日のトレーニングがOFF、

昨日のトレーニングがホームジムにて胸の日トレーニングでした。

「一度熱を掴んだら離さねェ!」

ホームジムはこの時期になり始めると

身体が温まるまでが勝負でございます。

それではトレーニングメニューを書いていきますね。






◾️11/26(日)胸トレーニングの日

ベンチプレス 8SET
100Kg x5 x2
95Kg x4 x3
90kg x4 x3
85Kg x4 x3
刺激を変えるためにレップ数の限界が少なめになるよう重量調整。

インクラインダンベルフライ 5SET
LR17.5Kg x12 x9 x9 x8 x8

ダンベルアップライトロウ 4SET
LR17.5Kg x15 x10 x8 x8

ダンベルサイドレイズ
LR7.5Kg 4SET

自重ディップス 4SET

ダンベルキックバック
LR7.5Kg 3SET

ハンギングサイドレッグレイズ 3SET


以上です。

現状の食事メニューが単調なので質をあげていかなければ

身体を大きく変える事は困難に感じます。

それでも今は「できることからやっていく」意識で進んでおります。

できることからやっていけていれば、

行動のステップアップ時にもスムーズに繋げる事ができる。

身体ができていくと共にサイト更新も捗るので

日々鍛えて進んでいきますぞ。



◾️否定者を側に置くな

僕の周りでは「筋トレ」を否定する人がいませんし、

この分野ではある程度努力しているため

人から応援されやすい環境下に恵まれております。


しかし、ある分野では

「人からの否定/嫌な気持ちになる事」があまりにもわかりやすく現れてしまう場合が多く、

そういった”否定してくる人”と共に過ごす事で

自分の行動に制限がかかり、モチベーションや情熱の保持に苦労します。


確かに否定が入る事でしか得れない貴重な価値観を得る事はできるので

全てに対して「自己成長」に繋がりはします。

しかし、この世の中は全て「自分の行動」により構成されているため

“充実”からは遠くなってしまうものです。


プラスの自分とマイナスの自分では

明らかに「影響力」も変わってきます。

「行動」は自分が抱えるその他の分野にも繋がりやすく、

その他の分野へ連鎖的に「行動力」として循環します。

そうして自分を充実させる事で余裕も生まれやすく

余裕は「感謝を受け取る意識」をより促せます。

感謝を受け取る意識が強くなると

行動の意味合いも強くなっていくものです。

従って「否定される場面/嫌な気持ちになる場面」に参加するのであれば

事前に「自分の道筋は曲げず、クチを出さず、人の物語を見届け、楽しくする日」と

決めれば良いのです。

ちなみに僕の言う「自分の道筋」は

「その先がどれほどの人に感謝されているか?

自分の周りが楽しくやれているか?」を基準にしています。

だって例えば「カネモチになりたい」と漠然としてるだけとすれば

それは「とある一個人のただのプライド」ですから。

その例えの道筋に否定が入ろうが入らまいが漠然としすぎていて先が見えませんし。


とは言っても、

全てに対して万事共通ではないのは言うまでもありません。

特にこんな話なんて自らが抱える目標や野心により受け取り方も変わるからです。

人によってはこの話自体「冷たい話」にも聞こえかねません。



多くの場合、「成功している人」がよくクチにするのは

「否定者を側におくな」であります。


人は小さな頃から母親の真似をして育っています。

大人になった今、

自分がどういう人を真似して成長を促すか?は自分次第なのです。



さて、今回の話は

「自分が誰かと呑みなどに行った時」に他の人の話を聞いていて起きる気づきです。

「話すジャンルの高め合いにならない人」との付き合いは難しいもの。

高め合いになる確率を高めていくのもまた、必要な経験なのかもしれませんね。


それでは今回はここまで。本日も良き1日を。





●気になるアイテム

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック