HOME > 筋トレ日記( 足の日 ) > title - 2018年一発目は脚トレ!
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

2018年一発目は脚トレ!

kage

2018/01/04 (Thu)

20180103aa.jpg

現在の筋肉痛は無い状態で、本日実施した脚にさっそくダメージが泳ぎ始めているくらいのものです。

というわけで新年一発目のトレーニングは「脚の日」でした。

それではさっそく本日のトレーニングメニューを書いていきます。












本日は腹圧が上達しているか?を確かめるためにベルト無しで実施。

■脚の日トレーニング

フルボトムスクワット 8SET
90Kg x8 x5
85Kg x6 x5
80Kg x5
70Kg x7 x7 x5

腹圧バッチリでした。しっかりしゃがみ込んで効き倒し。

スティッフレッグドデッドリフト
46Kg 4SET

スティッフレッグドデッドはWバーで実施。
カーフまで入るのでこの種目は良いですね。

レッグEX
40Kg 3SET
35Kg 2SET
30Kg 3SET

レッグカール
30Kg 2SET
25Kg 2SET

バーベルカーフレイズ
70Kg 4SET
50Kg 1SET

バーベルカーフは限界時に自重カーフに移行します。

以上です。







何かの物事に「勝った」とすれば

それは「次の1勝を得るための大きな一歩/切っ掛け」に過ぎません。

「勝つ」という実績は

自分の道筋を正すためのイベントなのだと考える方が面白いものです。

些細なジャンケンでの勝利すらも「切っ掛け」にしかすぎず

そこから例え流れが悪くなったとしても勝って得た経験であれば活きるもの。

負けっぱなし、失敗しっぱなしの道筋であれば

どこかで間違っているのだと考える事ができます。


勝ちか負けか、

その多くの答えは「どれだけの人に応援して貰えているのか?」で判断しやすく

多くの人に応援して貰えている道筋であれば、

それは自分にとって正解なのでしょう。

応援されている物事(走り続けている姿)から生まれる楽しさややり甲斐は、

より自分の道筋を高みへと案内してくれるのだと考えます。

今日はそんな事をふと考えていました。

それでは今回はここまで。本日も良き1日を。


●2018/1/10発売








関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック