HOME > 筋トレ日記( 胸の日 ) > title - ゼロから1を生む力を育てる
2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

ゼロから1を生む力を育てる

kage

2018/01/05 (Fri)

20180105aa.jpg

現在の筋肉痛は脚全般的に激ヤバのダメージが泳ぎ尽くしています。

スティッフレッグドデッド入れたらいつも案の定"これ"ですよまったく。

さて、正月入ってからというものの体調あまり宜しくないので

重量と回数に記録はだせていませんが「効かせ」は抜群です。

きちんと「乗る重量」を選んで実施しております。

それでは書いていきます。



■胸トレーニングの日

ベンチプレス
100Kg x1
余力があり4発くらいいけそうでしたが位置決めミスって中断。
このままストレートセットでやるのも何なのですぐに「乗る重量」に移行。

90Kg x5
85Kg x6
80Kg x7 x7 x7 x6
70Kg x9 x9 x7 x9 x7 x6 x6 x4
50Kg x13

レップ数バラついているのはインターバルの強弱です。

自重ディップスとハンマーカールLR12.5Kgのスーパーセット4SET

以上。







■ゼロから1を生む力を育てる




子供の頃は「チャレンジ精神」というものが強烈にあったものです。

興味持ったものにはまっすぐ向きあう力、パワーがありました。

何より世界観にすぐに馴染んで楽しむ力がありました。


しかし、歳を重ねていくにつれ

拾い集めてきた価値観は挑戦すべきタイミングで「面倒くさい」という感情にシフトさせます。

そうして使いもしないエネルギーを温存し、

相も変わらずホームに戻り、

癒やしを更に癒やすためのエネルギーに使うループに溺れるのです。


それが普通。

それが凡人。

それが多くの人が成る大人なのだと思います。

何一つ恥じる事無く、妥当線。


凡人は「挑戦」する事を面倒だと考え、

凡人は「挑戦」する事自体に興味を持たず、

凡人は娯楽/癒やしに関して徹底主義者で、

他者の世界観に順応できず、

変化を嫌い、ゼロから1をつくりだす作業を拒む。

成功者とはまったく真逆の「抜ける事が難しいループ」に生きているのですね。

否、「凡人」というカタチも1つの成功。


「成功」に定義なんてありませんが

「多くの評価」を「成功」とするならば凡人から脱出する必要があります。

脱出の仕方は文章にすると超簡単。


ゼロから1を生み出す力を身につければ良い。

「今」は既に「過去」である。

過去は悩むために働く力ではなく創る為の力。

つくるのであれば自分が最も楽しくやり甲斐があるゼロを選ぶ。

それが僕の場合、たまたま肉体改造だったのです。

ちなみにまだ「凡人脱出チャレンジ中」ですが。笑


それでは今回はここまで。本日も良き1日を。


●2018/1/10発売




冒険記も更新しております!

→(正月にしっかり休んだのであれば明日を見ろ!-筋トレ日記)





関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック